--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016.01.05

帰省中に読んだ本

小出しにして記事数を稼ごうという魂胆ですよ。ひどいですね!


昨日の海は
 近藤史恵。男子高校生が主人公の一人称。そりゃ読むしかないでしょ、という。
 前にも書いた気がしますが、近藤史恵の書く男性一人称小説の「女性描写」がすごく好きなんです。主人公のフィルタを通した女性の描かれ方が。
 期待に違わず、どころか期待を大きく超えて、多種多様な女性の描写を見ることが出来ました。堪能しました。っていうか読み終えて振り返ると、女性の登場人物だらけだったなぁ。
 母親、若く活動的な伯母、小さい従姉妹、クラスメイト女子、写真家の女性、過去を遡って出会う祖母の肖像。ああ本当に女性だらけだ。これ意識しての構造なのかな?なんだろうな、きっと。
 それはそれとして、ひとりの少年の成長物語として、しみじみしつつ読みました。面白かった。田舎に生まれ育った者の鬱屈、プライド、そしていずれは離れていくであろう自分をも俯瞰して眺めている様子が、屈折しつつ純朴で、好感の持てる造形でもあり。
 近藤史恵の書く男性一人称小説、好きだなー(何度目か。何度でも言う)。
スポンサーサイト
Posted at 00:00 | 読書メモ | COM(0) | TB(0) |
2016.01.04

帰省中に読んだ本

 帰省中に読んだ本のメモを今さら。


千年ジュリエット (角川文庫)
 読むこと自体が今さら。あるいは今だから?
 単行本で購入して、ずっと積んでいたのです。なぜって、もったいなくて。このシリーズが、この作者が大好きで、けれど執筆ペースはとてもゆっくりなので。一冊一冊がもったいなくて。シリーズ最新作『惑星カロン』が出て久しいですが、そちらの購入を忘れていたというのもあり。なんだ、駄目じゃん!
 あとは、アニメ化前に読み進めておこう、という気持ちもありました。
 いつもの通り、少し苦くて少し甘い、青春の味付けいっぱい、笑える部分有り、ほろりとさせる部分有り。宝物になる短編集。
 連作短編の妙として、前エピソードからの少々の伏線も、お約束ながら楽しい。いつものメンバーは相変わらず魅力的、だけれど、今回はチカの一人称以外の作品が多かったこともあって、より広がりつつ「第三者から見たチカの魅力」も感じられるようになっていて、別の楽しさもあった。
 どのエピソードも楽しかったけれど、毎回のことながら、単行本表題作は泣かせと苦みと仄かな暖かさを持って読ませてくれる一本でした。ミステリとしての仕掛けも、オーソドックスでありながら、なかなか意表を突かれたし。

 ……しかし、アフィリンク貼るのにあまぞんれびゅう見たら、文庫版での加筆修正がけっこう大きいのか!あー。もー。文庫版買わねば。あー。もー。いや嬉しいけれどね二度楽しめるからね!
Posted at 23:59 | 読書メモ | COM(0) | TB(0) |
2015.07.20

突然のふっかつ

 深い意味はないです。読書メモはやっぱりまとまってるほうがいいなぁという、それくらいの。あと読書時間が大幅に減っているので、少しばかり改めたいなぁという自分鼓舞。
 そのうち読書メモだけどっかに移転するのもいいかもしれない。いまどきブログとか流行らないこと甚だしいですが。本棚系のサイトは、いまひとつ馴染めないのよね。


アリアンロッド2E・リプレイ・スキルマスターズ 七人の冒険者<アリアンロッド2E・リプレイ・スキルマスターズ> (富士見ドラゴンブック)
 久しぶりに読むリプレイ。アリアンロッドは特に女性声優をメインに据えてのものばかりになってしまって、少々食傷気味だったのですが、これは声優おらず。ほぼガチメンバー。の、新規シリーズということで。あとイラスト&プレイヤー参加に安達洋介がいることも大きい。好みなのです、プレイングも、絵も。
 で、わりと新鮮な気持ちで読んで、普通に面白かった。途中ではけっこう声を出して笑っちゃう場面もあったりして。プレイヤーが七人ってちょっと多いんじゃないの?という疑問も、読んでいくうちに、ああ、こう生かすのか。と。
 一巻完結でびっくりしたけれど、続けようと思えば続けられるし(その場合PCの人数を減らしそうではある)、そもそもあまりに長編だらけになって内容を覚えていられなくなったのもリプレイから離れた理由なので、単発であってもそれはそれでいいかな、と。
 とりあえず安達洋介担当のキャラ、イケメンなイケ造りでよいかんじでした。だがサハギンだ。だがそれがいい。
Posted at 23:25 | 読書メモ | COM(0) | TB(0) |
2012.08.30

りぷれい

 シリーズものの、完結と開幕と。

◆amazon link

ダブルクロス The 3rd Edition リプレイ・アカデミア(3) 戦え! 第三生徒会 (富士見ドラゴンブック)
 最終巻。いやあ面白かった熱かった素晴らしかった!学園ものTRPGの最終話として、これ以上ないくらいの素敵なセッションでありました。学園を乗っ取ろうとする組織に抵抗する生徒たち。一般人も能力者も関係なく、手をとりあって立ち向かう。いやー燃えるわー。今までに登場した数多のNPCを、監禁から救出するたび、きっちりとキャラクターの個性に発する演出を含んだお助けカードとして手に入れられる、ってのが秀逸。おかげで、あのキャラのフォローが忘れられた!足りなかった!といった不満もほぼ皆無。目配りが行き届いている。
 反面、当初のシリーズ特性のひとつであった、ラブコメハーレムものについては、だいぶ薄れてしまったけれど、それは前半部分で補填されているし。最終的に結論がなぁなぁになるのも、お約束。頼りないようでいて、決めるところは決める主人公というのも、良かったなぁ。
 全三冊、コンパクトに楽しゅうございました。ラノベからリプレイに手を伸ばしてみようか、という人にも、たいへんおすすめ。

◆amazon link

アリアンロッド2E・リプレイ・キャプテンRED(1) RED海賊団、出航! (富士見ドラゴンブック)
 新しく開幕した、アリアンロッド2Eのリプレイ。著者は田中天ということで、はっちゃけたノリを期待する向きもありそうですが、だいぶ王道な海洋冒険もの。わりと独自の導入ルールを適用しているけれど、それで入り込みにくくなるということはなく、むしろ読みものとしての質を上げる方に作用しているのが流石。
 接待枠(他業種からのゲスト)のプレイヤーが居ない&気心の知れたプレイヤー&GM同士ということもあって、実にこなれた、和気藹々として雰囲気の良いリプレイになっているのが嬉しい。これであとは男性PCがもうひとり居たら、最高だったんだけどなぁ。……贅沢は言うまい。
Posted at 23:59 | 読書メモ | COM(0) | TB(0) |
2012.08.29

迫り来る

 タイムリミット。今月もあんまり読めてないなー。

◆amazon link

金木犀の徴 探偵・藤森涼子の事件簿
 久しぶりの藤森涼子シリーズ。初期作品では若くて駆け出しで純情ひたむき、頼りないお嬢さんだった涼子ちゃんが、探偵所長としてすっかり落ち着いちゃって。四十代の女探偵を、リアルで身近な存在として書いている作品……しかも、日常の謎というほど卑小でなく、殺人事件連発というほど派手でもない探偵ものって、なかなか稀有なんじゃなかろうか。そのぶん、他の事務所のメンバーが、個性的というか記号的になりすぎているふしもあるけれど。
 元々、苦味を残してしみじみするシリーズだったのが、女性オンリーの探偵事務所ものという「女性向けの軽い読み物」方面へ舵を切ってしまった感があるのは、少々残念。それでも、好きなシリーズでありつづけることは確かですが。

◆amazon link

雲の王
 大気を、風を、熱を、「見る」ことが出来る一族。というとファンタジー色が濃いように思えるけれど、どちらかというと実際の観測、気象学に沿った解説のが主で、それが結果として「見えたもの」の解釈に役立ったり、説明になっているあたりがユニーク。おかげで目が滑りまくりましたけれども……昔から苦手だったなー。ここらへんの分野。
 ヒロインが徹頭徹尾保守的で頑迷で、決して能力にヒャッホイしたりしない、一度もするシーンが無いあたり、この手の能力が出てくるものとしては珍しい。バツイチ子持ちの主婦、という設定もまた、この特質を強力にサポート。気に入らない人物への辛辣さといい、好き嫌いの分かれる人物像。
 気象を描いた小説としてはとても面白いものですが、最後の最後まで、さしたるカタルシスは無いので、そういうものを期待して読んではいけないようです。はい。すみません。なんとなく謝る。
Posted at 23:59 | 読書メモ | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。