--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.12.09

映画「ハイ☆スピード!-Free! Starting Days-」

 突発的に見に行ってきました。

 :「映画 ハイ スピード!-Free! Starting Days-」公式サイト

 情報全然知らなかったしTVシリーズの「Free!」は一期しか見ていないし京アニにはむしろ苦手意識を持っているワタクシなんですけれど、何故に見に行ったかって、RTされてきたこのツイート。



 女子中学生、女子高校生、女子大学生……は分からないけれど、とにかく女子を可愛く美しく格好良く描くアニメなら今までになんぼでもあるし、これからもなんぼでも作られるでしょうけれど、言われてみれば男子中学生を本気出して「描いて」くれるアニメって、なかなかに稀少だよな……と。だったらせっかくだから映画館で見ておきましょうと。

 結論として、見て良かったです。とても良かったです。地面にひれ伏したいです。
 これは至宝。男子中学生燃え萌え青春水泳友情甘酸っぱ映画の至宝。

 最近よく目にする「尊い」という感情表出の言葉がありますよね。あれ、私はあんまりしっくり来ないんですが(この言葉を使う人がえてして連発しまくりで尊いどころじゃなく見えてしまう、というのもあるかも)、この映画を見ている間、思っていました。「ああ、これが、尊いということなんだ……尊い……この映画、尊い……男子中学生のイデア、尊い……」と。

 一例を挙げると、たとえば入学すぐ、教室で会話をしている主人公とクラスメイトが複数画面に居るシーンで、全員ちゃんと制服の着方が違うんです。
 きっちりと喉元まで詰襟。少しだけ襟を開いて。ガバガバのゆるゆる、前を開けて。
 しかし、全員ちゃんと、制服が微妙にでかい。その微妙なでかさも、各人で微妙に違う。って感じです。えっ。って。
 中学一年生の学ランって、だいたいぶかぶかなものじゃないですか。どうせすぐ成長するから、大きめのサイズを仕立てられるものじゃないですか。でも、実はその「大きめ」にも、幅がある。個人の成長のスピード、保護者の方針、そういったものによって、ぶかぶか加減には幅があるもの。
 多分気のせいじゃなく、演出としてそこまで指定されている。なんてこと。

 序盤でそれに気が付いてからは、もうなんか、至福というか。ありがとう。こんな映画を作ってくれてありがとう。ひたすら画面の中の彼らを愛でるのみ。でした。

 そんな彼らの輝かしい中学生活を彩るストーリー。逆?いやいや、これが正しい。「彼らを彩るためのストーリー」。
 いわゆる定型に当てはめるなら「男の子の可愛さをお楽しみ頂くため、邪魔にならない程度の差し障りのないストーリー」と言いたいところですが、青春ど真ん中、直球のストーリーは、それ単体でもきちんと美しいものでした。リレーの完成、友情とチームの成立という到達点へ向かって、ほどよく紆余曲折を挟みながら、真っ当に、真っ正直に進んでいくストーリー。そこに展開の意外性はほぼ皆無。

 けれど、キャラクターの輝きと、ストーリーの輝きの関係って、何でしょうね。
 どちらがどちらを飾るのでも、良いのではないかな。

 そしてエンディング、スタッフロールの背景で、しみじみと「見守った」感慨を得る。
 最後まで、素敵でした。

 ありがとうありがとう。本当にありがとう。作ってくれてありがとう。
 この年で観ると、うっかりそんな気持ちになってしまう。貴重で稀少な、男子中学生の魅力と輝きを詰め込みまくりました映画。
 ちょっとでも気になったら、見てみるがよいですよ。
スポンサーサイト
2012.08.17

夏雪ランデブー

 EDテーマ買って来ました。

夏雪

 どっちかというとOPの方が欲しいかな、と思っていたのですが、こっちが発売は早かったので。
 アニメイトに寄ったついでに、ふらふらと。

 下に敷いているのは、アニメイト特典の宣伝ポスター。メイトで買うと、しばしばこういうサービスがあるのが嬉しい。
 当然の如くアニメ盤を購入。ジャケットイラストとTVサイズ収録の違いだけかと思っていたら、加えてEDイラストのミニピンナップポスターが封入されていて、これは凄く嬉しかった。
 そういえば「つり球」でもミニポスターが入っていたな。アニメ盤、こういうサービスをしてくれると、ほんと嬉しいです。DLじゃなく、メディアを買いたくなります。

 帰り道、毎日三十分弱ほど歩いているので、その間に聴く音楽が欲しいのです。
 最近サントラを買ったりOP・EDを買ったりが増えているのは、そういう理由もあり。

 しかし音楽を聴きながら歩くのって怖いですよね。怖くないですか。
 よほど慣れた道、治安の良い道でなければ、なかなか出来ないわたくしチキンハート。
 聴いている間は、出来る限り周りに注意を払うように心がけてます。心がけたいです。

◆amazon link

あなたに出会わなければ~夏雪冬花~/星屑ビーナス(期間生産限定アニメ盤)
2012.08.15

映画『コードギアス 亡国のアキト 第一章「翼竜は舞い降りた」』

 ギアスと呼ぶとTVシリーズとの区別がつかないし、アキトと呼ぶにもアニメその他で珍しくない名前だしで、どう呼ぶべきなんですかね。亡国?ギアスアキト?

 などと悩みつつ、見てきました。
 パンフレットが売り切れていて、地味にショック。映画を見に行ったら、気に入ろうと気に入るまいと、基本的にパンフレットを買うという自分ルールがあるので。

写真

 シネマサンシャイン池袋。池袋におけるアニオタ聖地。上映前の予告編が全部アニメ・マンガ関連で笑ってしまった。アシュラ見たいですタイバニ見たいですスマプリ見たいです。るろ剣は怖いもの見たさで見たいです。なんて。
 レディースデーに行ったのですが、客層は意外に男性率が高かったです。ロボットアクションが凄いということで話題になっているからかな。

 最近流行りの連作形式なアニメ映画。全四章予定は良いとして、次回は2013年春って、まじですか……?どんだけ間が空くのさー。BD買っておさらいしとけってことか。
 次章公開時なり完結時なり、きっと一挙上映とかやるだろうな、それまで待とうかな、とも思ったのですが、やっぱり話題が旬の初公開時に行っておくべきだよな、と、考え直し。

 TVシリーズは、一期はハマって全話見ました。二期は録画しておいたのがレコーダーのHDDが飛んで見ることが出来なくなり、結局一話も見ていません。そんな状態で見に行って大丈夫か危ぶみつつ。話そのものは一期と二期の間に位置するものらしいので、逆にいい感じに見ることが出来るかも、と。
 結論としては、単独作品として見るのは少々辛いけれど(一応ある程度の説明は冒頭で為されますが)、世界観をある程度把握して見るのなら、特に問題はないかな、といった感じ。

 世界情勢のあらましを説明した後、戦場のシーンからのホットスタート。CGアニメによるロボットアクションに圧倒されます。文字通りの息をも吐かせぬアクション。
 わたくし基本的にアニメは手描きに限るよ派なんですが、これは認めざるを得ない。と言っても、別に手描きに取ってかわるべきもの、という意味ではなくて、CGロボはCGロボで独自に進化していって欲しいと思います。どこまで行っても、画面にあって若干の浮きは感じずにはいられないし、鈍重さの表現はどうにもならないし。
 しかしスピード感あふれる戦闘描写において、ほんと素晴らしいものが作れるんだな、と。しみじみ実感いたしました。つうか見ていてとにかくBDで欲しい、このアクションの出来栄えにはもっと金を出したい、とか思ってしまったあたり、毒されていますいろいろと……。

 ストーリーの方は、だいぶプロローグ。序章というよりほんとプロローグな感じで、登場人物ひととおりの紹介、ユーロピアの置かれた状況の説明、アクションのお披露目。
 物語、というか、置かれた状況の重苦しさ(敵味方どの陣営も、どのキャラクターも、ほぼ全てに某かのプレッシャーを感じている描写が入る)や、のっけからイケメンモブキャラが死にまくる(えっ)等、楽しいおはなしを期待して見に行くものではなくて、基本的にシリアスな政治+戦争ロボットアニメのノリ。半分学園ものだったTVシリーズと比べて、これは受け付けない、という人も居るかもしれません。
 しかしまあ、監督も違うし、別作品として見るなら、個人的にこれは全然アリだと思います。というかむしろ好み。ガチガチにシリアスな世界観のロボットアニメ、最高じゃないですかやだー!やじゃない!

 キャラクターについては、とりあえず地に足のついた造型といった印象でした。みな思うところのある、過去のある、気苦労のある人物たちですが、それぞれに魅力的。アキトはとにかく戦闘でのカリスマが凄い。あとは私としてはユキヤが面白かった。ありがちなショタ系技術屋キャラになりそうなところ、声優による心のどっかが狂ってる演技が見事で、萌えじゃないけど見ていて負のカタルシスがあるというか。

 第一章では、あえてTVシリーズのキャラクターを出してこなかったのは、タイトルから「外伝」の言葉を取り去ったことと同種のこだわりなのかな。そのぶん(?)予告では箍を外しているのも、なかなか上手いやり方であり、既存のファンへのサービスにもなっているかな、と。

 総じてとても楽しめましたが、なにしろ次が来年の春ってのがなあ……見に行きます。見に行きますけど、遠すぎますよ、ええ。
 まずは、BDはよ。はよ。このロボットアクションは買う。買わねば。

◆amazon link
 
コードギアス COLLECTION コードギアス反逆のルルーシュ DVD-BOX
コードギアス COLLECTION コードギアス反逆のルルーシュ R2 DVD-BOX
 第二章までにTVシリーズのおさらい&二期を見ておくべきか。しかし、バンダイビジュアルのDVD廉価BOX商法の悩ましさときたら。どうせ絶対あとでBD-BOXも出すくせに!出すくせに!しかも単品に入っていたピクチャードラマが入っていないとかレビューにあるんですが、どうゆうことなの……。単品の価格も今ならお安いので、いろいろと戸惑います悩みますね。
2012.08.02

BD「ファイ・ブレイン 神のパズル」初回限定版7巻

 これにて全巻揃いましてござい。
 マラソン完走は清々しいね!第二シリーズもあるけどね!

写真 3

 パズル、まだ組み立てていません。特別サイズなので、組み立ててもフレームに入れることが出来ないんだよなぁ……昔、ジグソーパズル用の糊みたいなのを使ったことあるな。ああいうの買ってきて固めればいいのかな。そして飾る飾る部屋に飾る。
 どうでもいいけどわたくしの部屋、どうせオタ友か家族くらいしか訪ねて来る人が居ないので、うっかりアニメポスターだのカレンダーだの貼りまくっています。やばいです。部屋に一般人あげられない。ほんとどうでもいいな。

写真 1

 メニュー画面。毎度お馴染み、ジャケイラスト。光る腕輪×2がなかなか美しい。ヤンでるルークも、これが見納めか。
 前回と同じく、アイリのおさらいファイ・ブレインが特典映像。時間は6分弱といったところ。

写真 2

 これ、どっかで放映したのかなあ。いまひとつ良く分からない。
 内容は、ルークとカイトについて、ファイ・ブレインの子どもたちについて、オルペウスの腕輪について、さらっとした解説。っつーか今回収録の話のネタバレががつがつ入っているのはどうなのか。おまけだからいいのか。

 で、ドラマCDは、なぜか突然大喜利を始めたPOGの皆さん。ルーク、ビショップ、メイズ、フンガ、ダイスマン。まあネタだよね、ネタ。
 ネタ満載、アドリブ満載(?)キャラクター崩壊にてお送りいたします。
 いやー、だいぶ笑いました。笑いましたが、何度か書いた通り、1巻の特典みたいな、正統派のドラマがもう一度聞きたかったよ……。
 最終巻(第1シリーズの、ですが)なんだから、主人公達の総出演がもう一度見たかったよ……。
 あんまりキャラ崩壊って好みじゃない、というのもあります。いや面白かったですが。笑いましたが。

 フリートークは多人数のせいもあって、だいぶグダグダ。喋っている人の後ろで雑談しすぎだ!
 しかしテーマにはきちんと回答し、また、ファイブレについてちゃんと語ってくれているので、前巻よりは全然良かったです、はい。
 とにかく雰囲気は楽しげでありました。よかよか。

 全巻揃って、感無量。
 第2シリーズのBOXも、予約はしていますが、特典の内容が気になるところ。
 そして、もういっそのこと第3シリーズもやろうよ。やっちゃえよ。やってくださいお願いします。などと今から考えてしまう。

 大好きですよファイブレ。

◆amazon link

ファイ・ブレイン ~神のパズル Vol.7 【初回限定生産版】 [Blu-ray]
2012.07.21

映画『おおかみこどもの雨と雪』

 公開初日、初回。見てきました。
 レディースデーを狙おうと思っていたんですが、TL上で見る人が多そう(=ネタバレ、まで行かなくとも、ほのめかしはありそう)なのと、会員ポイント使用で無料鑑賞可能な行き着けの映画館で上映されることを知ったので。

 :映画「おおかみこどもの雨と雪」公式サイト

 例によって、あんまり予備知識は無しで。
 細田守作品は、時かけは映画館で見ましたが、サマーウォーズは見たことがありません。そのうち映画館で見る機会があればいいな、と思っているうちに、ずるずると。あと、「僕らのウォーゲーム!」にはけっこう強い思い入れがあるので、いまひとつ作品コンセプトがピンと来なかった、というのもあるかもしれません。

 ともあれ、おおかみこども。
 初日、初回は、9時台のスタート。客入りは半分に満たない程度で、わりと拍子抜け。隣に小さい男の子連れの母親が座って、あれ、いいのかなポケモンと間違えていないのかな、などと余計な心配をしたりしつつ。途中、とても上品ながらベッドシーンがあって、子どもの反応が気になりつつ。
 ……ラストシーンで、そのお母さん、べろべろ泣いていらっしゃいましたよウン。

 小さい子ども(中学生以下)がいる親御さんには、本気で刺さる作品だろうなあ、と思いました。

 おおかみおとことの恋、生まれた子ども、突然の別れ。
 設定にファンタジー要素はあるものの、物語そのものは極めて地味というか、ほとんどが現実に即したもので、ぶっちゃけ、正統派な子育て作品の系列。
 ここまで「親子」「子育て」「子離れ」というテーマに特化した作品とは思わなかったなあ。
 わたくし、そのへんだいぶ欠陥人間なので、個人的には感情移入できるものではなかったですが、普通にいろいろと感動はしました。

 もちろん、アニメーション映画としての品質は折り紙つき。脚本、演出、演出、背景、音楽。程よいリアリティを保ちつつ、すべてを「無から作り出す」アニメーションの、それゆえの魅力も存分に発揮されて、実に目に贅沢な仕上がり。
 でもって、雪と雨の姉弟の可愛さはやばい。宇宙やばいレベルに可愛い。今までわたくし的に至高の幼児可愛いアニメだったトトロを越えたかもしれんです。そして、幼児時代が可愛すぎて、成長するのが淋しい、とか思わせられるのは、ある意味術中に嵌っているんだな……と。でも、成長してもやっぱり可愛い。とか思わせられるのは以下略。
 ことに雨がヤバかった見ていて頭が煮えるくらい可愛かったですハイ。育つにつれて父親に似ていくのがまた、ぐっと来る。

 うーん。いまひとつまとまらないな。
 とても良い映画だと思うし、評価されて欲しいけれど、個人的に、心に刺さるものではなかった。でも、刺さりまくる人は居るだろうし、それを否定するものではないというか、むしろ刺さらなかった自分が残念な人間だなあと思う。

 わりと複雑な気持ちです。

写真

 などと言いつつ、パンフレットの他にグッズもしっかり買っている件。ミニタオル可愛い。雨きゅん可愛いハァハァ。
 パンフレットは700円だっけかな。スタッフとキャストへのインタビューやら、評論家によるレビューやら、とにかく素晴らしく読み応えのある、充実の内容でありました。
 というか実写映画はアニメ映画パンフレットの充実っぷりを少しは見習っていただきたい。ええ、切に。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。