--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.07.23

「Robotics;Notes」プレイ感想#2

 ロボノ感想、続き。
 今回は、海翔以外のキャラクターの印象と萌え語り。ストーリー、システムについての感想。クリティカルなストーリーのバレはありませんが、微妙に内容に食い込みます。ご注意ください。

 海翔と並んで、いろいろ言われるあき穂。ご多分にもれず、だいぶ苦手でした。
 金銭に対する認識の甘さ(高校生らしいっちゃらしいんですが)や、他人の都合に斟酌しないこと(淳和のトイレ妨害とかどうかと)等が、やはり鼻につき。さらに、基本的に前向き猪突猛進キャラで、ヘコむ場面が前半には殆ど無い。ゆえに、可愛げを見せるシーンが少ない、という。
 しかし面白いのは、これらの要素は、海翔の、常に醒めたテンションの内面視点で生暖かく見守ると、だいたい払拭できるものなんですね。良い構造なんですが、それゆえに、海翔フィルタを通さないあき穂視点のシーンでは、身勝手な印象が余計に際立ってしまったような気がします。

 淳和は、ヘタレっぷりと涙目とフラウにもてあそばれる様が素敵でした。ただ、ストーリーの根幹に関わる部分が少なすぎて、もったいない。与えられた設定と属性からして、もっともっと膨らませることが出来るキャラだったはず。都市伝説好きという設定は、ギャップがあって物語にも関われて、なかなかいいと思うんですが、個別エピソードでほぼ生かされなかったのが残念。

 アイリは、くぎゅの声が可愛すぎ&キャラクター設定的3Dモデリングが一番しっくりはまっていて、普通に見た目から可愛いと思える娘さんでした。ゲジ姉との落差で二度美味しい。思わずアップにして舐めるように見てしまったり。へ、へへへ変態ちゃうわ!個別エピソードも、子ども枠ながら唯一糖度のあるもので、おいしゅうございましたご馳走様でしたカイやさしい。

 フラウかわいいよフラウすてきだよフラウ。まるでbotの如く2ch(@ちゃん)語の定型文でしか話さない(全台詞の七~八割がネットスラング)、たまに違うことを喋ったと思えば腐女子脳全開。だがそれがいい。生きることに無器用そうなところ、しんどい過去にしんどいイベントを背負いつつ今ある自分を崩さないところ。実に科学ADVシリーズらしいヒロインで、たいへん魅力的でした。願わくば、いつの日にかタクさんとの共演を是非。

 昴はすばらしかったです大好きです。かなりツボ直撃ヒットなキャラで、登場シーンでは終始ニマニマしておりました。メガネ、秀才、生意気後輩、嫌味&正論吐き。あげくにネタ属性の弱点保有、女子に弱くて動揺すると噛み噛み萌えキャラ化。しかし心の奥では真摯にロボットを愛するけっこうな熱血キャラだったりするって、どんだけ盛る気よちょっと素晴らしすぎるンですけど!?どのキャラと絡んでも楽しすぎて、ほんと良キャラでした。っていうか昴ルートはよ。はよ。

 ロボ部の面々が会話したりぐだぐだしたりと絡んでいるシーンは、だいたいにおいて見ていてとても楽しかったです(ことにフラウか昴が居ると最高)。
 キャラが薄いとか、好きになれないとかよく言われていますが、個人的には全然そんな風には感じませんでした。そりゃカオヘのギガロマガールズやシュタゲのラボメンに比べたら、壊れっぷりや変人っぷりの度合いでは全然かないませんが、キャラの濃淡って別にそれだけじゃないでしょう。
 ちゃんと「ものを考えて」「自律した意志を持って」いることは感じられたし、それぞれに愛着も持てましたよ。

 その他のサブキャラについても、中盤から終盤にかけて反則的に好感度の増す人物が多く、全体にいい雰囲気でした。
 特筆すべきは、ほぼ全員に、きちんと「家族」が出てきた点。
 カオヘ・シュタゲでは、あれだけの事件に巻き込まれているのに、親の存在感は、ほぼありませんでした。それはそれでひとつの選択ですが、個人的にはやっぱり親や教師といった年長者も配してくれるほうが好みだし、誠実さを感じます。
 以前から何度か書いている通り、良質のジュヴナイルには、尊敬できる年長者の配置が絶対に必要。そういう意味で、最初から最後まで素晴らしかった八汐父には、名バイプレーヤー賞を捧げたい。

 ……あー、そうか。ロボノは「ジュヴナイル」の系譜なんだな。前二作はもっとアングラというか、ラノベの文法により近かった(親の排除はラノベの常道)。
 そこが、決定的な違いなのかもしれない。

 閑話休題。

 物語中のサブキャラの扱いについては、おおむね満足ですが、ラストのあの展開に持って行くためには、描写の絶対量が足りなかったよなあ。とは思います。もっと丁寧に、細々と描写していてくれたなら、熱さが全然違っただろうに。もったいない。

 ストーリーについて。
 序盤は展開の遅さに苛立ちもしましたが、中盤以降、サスペンス要素が増してからは、ぐぐっと引き込まれていきました。淳和ルートあたりでキャラクター達への愛着がぐぐぐっと増して、フラウルートあたりからはもうノンストップ。アイリルートではさらに真相に近づき、テンションが高まる高まる。
 極めつけは、あのイベント。やっぱりこう、居心地の良かった場所が奪われる展開というのは、実に心が痛く、同時に胸躍ります。

 ラストに向けての展開は、なんだか異様に青春していて、盛り上がっていて、若干気恥ずかしいくらいで。
 ちょっと連想したのは「真夜中に書いたラブレター」。テンションが高まった時に一気書きした、そのまま……のような。個人的には好みの展開ではあったし、燃えましたが、それでも……それゆえに、もう少し伏線があればなあ、と。勿体無い感じも。
 あと、これは世間の評価に完全同意なのですが、余韻が足らないこと、細かい伏線を拾いきっていないことについては、画竜点睛を欠いた印象は否めません。魅力的な要素は沢山あったのに、すべてを生かし切ったとは、到底思えない。
 とは言っても、大筋は決着しているので、きちんと完結した感、着地した感はあるし、あしざまに言う程ではないと思います。

 でも、まあ、やっぱり。各キャラクターのその後については、もっと語って欲しかった。語るべきキャラが、たくさん居た。
 何よりも、最後にもう一回、ツイぽ、開きたかった……よ……。

 システムは、さんざん言われていますが、個別ルートの存在意義が薄すぎるのはやっぱり問題。ストーリーは実質一本道であり、まったく意味の無い分岐になっているってのは、致命的。
 っていうかこれ、勝手な推測ですが、ヒロイン個別のストーリーを組む構想もあったんじゃないのかなあ。それぞれ微妙に異なる世界観、異なる武器(淳和は都市伝説の知識と空手、フラウはプログラミングやネット知識、アイリはARを自在に動ける存在であること)でもって、戦うことが出来そうなキャラ達だし。そのへん、PC版カオヘを彷彿とさせます。
 ポケコンシステムは、大半のメニューが単なる飾りであること、ツイぽチェックが面倒であること(「居る夫。」以上に見に行く回数が頻繁なはずなのに初期カーソルが「居る夫。」固定なのは何故)等々、もう少しブラッシュアップして欲しかったなあ、というのが正直な気持ち。任意でWEBを見たり(Taboo!トップニュースだけ、とかでいいから。で、見たニュースのハッシュタグを、ツイぽで追いかけていく、という流れを作れば良かったのでは)メールを見たり(過去に受信したメールを閲覧出来るだけでも凄く雰囲気が出た筈)、あと何よりも、キルバラのプレイを可能にするべきだったんじゃないでしょうか!ミニゲームとしてさー。絶対、それは、必要だった。

 ツイぽ返信による分岐については、これもさんざん言われている通り、もっと親切にして欲しかったです。というか、通常プレイ画面の端っこに、常にタイムラインが流れていたりしたら、最高だったのに。
 私は普段からTwitter中毒なので、ツイぽという要素そのものは楽しめました。しかし、TLチェックの一発ボタンがなく、毎回ポケコン起動というワンクッションがあることが、カオヘでの直接トリガーを「引く」操作や、シュタゲでのリアルと同じく手に馴染んだ感のある「携帯電話を取り出す」操作に比べると、やはり大きく劣化してしまっていたと思います。

 他に気になったのは、クイックセーブの代わりの日付システム。プレイ中、さっと戻るには便利でしたが、あとになって見ても、どの日付がどの場面なのか、いつ、どのフラグを立てたプレイのデータが格納されているのか、全然分からないのが困りもの。
 コントローラのボタン設定も使い勝手がいまひとつ。初期状態でRBが強制スキップとか、まず確実に間違って押します本当にありがとうございました。Xボタンでのメニュー開閉とYボタンでのポケコン起動も、若干紛らわしかった。全体に操作感覚は今ひとつで、残念でした。

 とまあ、だらだらと書いてきましたが。

 総合的に見て、やっぱり、「好きになれるゲーム」ではあります。キャラクターで言うと、フラウと昴の破壊力はほんと凄かったし。瑕疵がたくさんあるあたりも、個人的には、ある種のチャームポイントに感じられてしまう。判官贔屓も、若干……いやかなり入っています。
 特別に格別に好きになってしまう「わが心のゲーム」ではないですが、普通にそれなりに好きになった「面白かったゲーム」というポジション。

 現在のネット界隈での悪評がほんと気の毒で、だいぶ肩入れしてしまいましたが。
 とりあえず、プレイして楽しかった。プレイして良かったと思っています。

 そして、アニメは素直に楽しみでありますよ。
スポンサーサイト
2012.07.22

「Robotics;Notes」プレイ感想#1

 おなじみの科学ADVシリーズ。Amazon予約で発売日に届いておりました。

◆amazon link

ROBOTICS;NOTES(初回限定版 ポケコンバック型スマートフォンケース/設定資料集 同梱)

 うっかり限定版。

 今回はプレイ時期が発売からだいぶ遅れたこともあり(ルートダブルを必死こいてプレイしていたから……)いっときに比べて自分のテンションが下がっていることもあり、詳細なプレイレポ等はつけずに、さっくりとクリアしちゃいました。
 クリア時間は40時間。放置時間込みなので、実質、37時間くらい?フラウルートのフラグを立て忘れて、しばし悩んだぶん、普通より長めかも。

 全体の印象、長所と短所、世間での評判について等々。ネタバレなしでざっくりと感想を書いてみます。

 事前情報で、やたらと酷評されていたので、どんなもんかと恐る恐るプレイしました。
 評判どおり、ううむと首を傾げる箇所と、「いや、それは話盛りすぎじゃね?」と思う箇所とがありましたが、個人的にはADVとして見て普通に良作だと思います。欠点は多々ありますが、見るべき部分、愛すべき部分も沢山ありました。
 万人におすすめ!と言ってまわることは出来かねますが、私としては、じゅうぶん、好きなゲームと呼べる存在に。

 というか、必要以上に貶められている感があって、気の毒。
 シュタゲブレイク時のカオヘのdisられを思い出した、ということも、わりと同情的に見る要因になっているかもしれません。ロボノを酷評する人は「シリーズ前作のシュタゲでは」「シュタゲと比べて」が合言葉だもんな……カオヘどこいったよ。オイ。

 私は、シュタゲよりカオヘが好きな人間なので(全てにおいて、完成度の高さはシュタゲの方が上だと認めた上で、「好き」なのはカオヘのほうなのです)カオヘとシュタゲがシリーズといいながらまるで違う作品であったことを踏まえていたがゆえ、ロボノもまた「シュタゲの続編」としてではなく、「科学ADVシリーズの中の単体の作品」として見ることが出来た。
 バックグラウンドの陰謀論やら不親切なシステムやらにも(これらは決して褒められる要因ではないことは確かですが)耐性があったし、前作キャラの扱いも面白がることが出来ました。

 思ったのですが、この作品、見た目はとっつきやすそう&シュタゲでユーザーの裾野が広がっていたのに、楽しむことが出来るどうかが、ユーザー自身の環境や性格に関わってくる分岐点がいくつもあったことが、現状の厳しい評価に繋がっているのかもしれません。

 Twitterを日常的に使っているか。
 2ch(@ちゃん)語への抵抗感の有無。
 繰り返されるロボットアニメ小ネタの知識。
 シリーズ作品を二作ともプレイしているか否か。
 ロボット、あるいはロケットに、浪漫を感じられるか。
 勝ち負けに特化した対戦格闘ゲームをプレイをしたことがあるか。

 私は、最後のもの以外、すべてクリアしているので。
 しかし、こんなにも「ユーザーを選ぶ」ゲームになってしまったことについては、非難は甘んじて受けるべき。かも。

 付け加えて、個人的には「叙述トリックの技法を知っているかどうか」も挙げたい。
 ストーリー面ではなく、海翔のキャラクターの立て方に関わる問題として。

 海翔ってどうも視点となっている時の地の文章でかなり韜晦している感があるので、それに気付いて、内弁慶ならぬ内面ツンという特性と受け止め、鷹揚な気持ちで見守ってあげられるかどうか。
 実際、行動や台詞だけを抜き出してみると、決して悪い子じゃない。要所では誠実な姿勢を見せているし、自堕落なようでいて、意外にマメだったり、自己犠牲精神もある。
 自分を常に斜に構えて見ている、損な性分の子なんだ……と、脳内補完が働いた瞬間から、だいぶ好きになれました。

 なんだか長くなったので、いったんここで締めます。
 続きは次回。
2011.08.23

残しておきたい

 Twitterの、いわゆるbotというやつ。キャラクターなりきりで自動POSTするやつ。
 私が唯一フォローしているのが、カオヘの西條拓巳bot(@taku_bot)なんですが、中の人の都合でか、長いこと休止状態となっていました。
 それが、今月下旬から来月に向けて、再稼動するとのお知らせが、先ほどツイートされて。

 思い出すのは3月13日。
 休止状態だったのに、突然、沈黙を破って、深夜の連続ツイート。

 個人的にログを取っておきたいので、ここにメモっておきます。


taku_bot/西條拓巳(2011/03/13 1:35:44)
ちょおおおおおおおおッ!!!!せっかくノアⅡも破壊したし野呂瀬も倒したっていうのに今度はフォースメルトだとッ!!?おかげでまたギガ単位で集めた僕の大事なエロゲ画像は消えるしPCは壊れるし大事な僕の嫁たちは降って来るしで最悪だ!どうしてくれるんだあああ!!!

taku_bot/西條拓巳(2011/03/13 1:41:10)
おかげでエンスーやってもギルドの人数少な杉で疾風迅雷のナイトハルトの活躍を見せびらかす奴らがほとんど居ないじゃないか!@ちゃんも地震スレばっかりで僕の癒しの日常をどうしてくれるんだ!くそぅ...東北関東大地震め!て め ぇ は 俺 を 怒 ら せ た !許さない絶対にだ!

taku_bot/西條拓巳(2011/03/13 1:45:48)
梨深や七海や他のみんなも連絡はとったけどまだ心配だし.....東日本無くす気か!!?くっそまじ誰の仕業だコラアアアアアアアァッ!!!!!!ヽ(#`Д´)ノ

taku_bot/西條拓巳(2011/03/13 1:49:09)
ってことでちょっくらこのフォースメルトの黒幕倒しに行ってくる。おまいらはそこで待ってろ。し、疾風迅雷ナイトハルトは無敵だからね!ふひひっ!助けなんて要らないよ。

taku_bot/西條拓巳(2011/03/13 1:57:32)
お、お前らも待っててくれる嫁の為に今自分に出来ることしておく事だね。ぼ、僕は何百もの嫁が待っててくれるならこんなのもう屁でもないからね!疾風迅雷ナイトハルトはリアル世界でも勇者なんだ!ぼ、ぼぼ僕最強!星来たんの為なら何処へでもッ!!?ゲホゴホッ(吐血

taku_bot/西條拓巳(2011/03/13 2:04:35)
。。。くっそ、せっかくカッコよく決めようと思ったらいつもの妄想ぐせでつい星来たんとキャッキャウフフな妄想を...じゃなくて、お前らもネトゲエロゲばっかやってないで最低限身構えておけよ。僕はあくまで自分の日常と梨深たちの為に行く。か、勘違いしない事だねっ!

taku_bot/西條拓巳(2011/03/13 2:16:48)
童貞の妄想力に勝てる力なんてこの世にはないからね。ふひひっwwも、もし守りたいものがあるならそれの為にお前らも本気見せてみろよっ!妄想力には言い換えれば夢も希望もあるからな。妄想で世界を救ったナイトハルト様が言うんだから間違いないね!

taku_bot/西條拓巳(2011/03/13 2:23:50)
っていつから僕はこんなひどい厨二病患者に...邪神に支配されすぎ乙...orzま、まぁお前らも現状を軽く見るなよって事だよ...!はぁ。。。これじゃただのツンデレキャラじゃないか...ぼくきんもー☆まじきんもー☆\(^o^)/

taku_bot/西條拓巳(2011/03/13 2:27:14)
ってことでちょっくら行ってくる。お、お前らも寝ておけるうちに寝ておけよ!じゃ、じゃあなッ!


 なんつーかもう、ホンモノよりホンモノらしいタクさん。
 ありがとね。
2011.04.11

「カオスヘッド コンプリートアートブック」

 買いましたわよ。
 決定版にして……最終版なのかなぁ。


カオスヘッド コンプリートアートブック:楽天ブックス

 イラスト完全掲載のアオリに恥じぬ網羅っぷり。
 イベントCG、立ち絵に始まって、各種版権絵。雑誌掲載のもの、特典テレカ、オフィシャルWEB限定トップ絵、プレゼント色紙etc..果てはあの、問題の、C78「イラストレーションズ コレクション」掲載のエリンイラストまで。
 基本的に、ささきむつみ・松尾ゆきひろ両氏の描いたものがすべて収録されている模様。

 フルカラー180ページ、価格との兼ね合いもOKなかんじで。
 ただし帯にある「本邦初公開のイラストも収録」はだいぶフカシなので注意。少なくとも私には見覚えの無いイラストは無かった……多分、表紙(描きおろし、なぜか中にも収録されている)もしくはラフスケッチを指しているんじゃないかと思いますが。

 そのラフスケッチが個人的には眺めていてたいへん楽しゅうございました。



 つまりは原画なわけですが。こういう、製作過程が見える資料って、大好物です。
 4ページしか無いのが惜しまれる。

 とりあえず、版権絵の総決算として、ファンであれば購入して良いんじゃないでしょうか。いや購入すべき。購入するよね。しないなんて(略)

 1ページだけだけど、タクさんのページが取ってあったのが、たいへんとっても嬉しかった。でした。
2010.09.07

コミケ販売物(コミケ78)

 なんでダンボールまで特別仕様なんだ……! エンブレムぅ。タクさんのディソードのエンブレムぅ~。このダンボール捨てらんないじゃないですか!



 コミケは華麗に回避したわたくし。カオヘグッズは、通販で購入致しました。
 えー、ちなみにまだ買えるみたいです。

 :5pb. OnlineShop

 送料の分、コミケより若干高めですが、出かける手間隙と交通費、持ち帰る面倒さを考え合わせたら、通販はむしろ賢い選択。と、自画自賛。



 箱を開けると、また箱が。ヒロイン全員集合ビジュアルが眩しい。ICカード用デザインジャケットと、イラストレーションズコレクションの表紙も、同じイラストですが。



 で、中身。「イラストレーションズ コレクション(以下イラコレ)」「ICカード用デザインジャケット」「WEBラジオ+サントラCD」の三点セットでございます。
 やはり本命はイラコレ。ちなみに、ICカードジャケットは、わたくしの場合、以前のゲロカエルんセットに入っていたゲロカエルんのものを未だに使い続けているので、貼り替えの必要性を感じなかったり。CDは、まあ、そのうち聴く……かも……? もともとWEBラジオにはあまり心を動かされないたちでして……。

 イラコレは素晴らしかったです。全106ページのボリューム。カラーページ八割。絵だけが無造作に並べてあるわけじゃなく、ちょこっとですが、松原・林・松尾各氏へのインタビューも収録。
 キービジュアル、各種ジャケット絵の収録は当然として、公式サイト限定トップ絵、特典テレカ、雑誌描きおろし版権絵、プレゼント用色紙絵など、余すところなく収録。贅沢を言わせて貰えば、PC版の発売前にニトロプラスの公式サイトにあった絵日記の絵もあれば完璧だったんですが、まあ無いものねだりよね。
 ぶっちゃけ「CHAOS;HEAD 松尾ゆきひろ&ささきむつみイラストレーションズ」なわけですし。

 なお、マンガは期待しちゃいけません。してなかったけど。目が泳ぐのなんの……。

 ラスト、「エリンとChu☆Chu!」。いや、あの、すいません、

 さすがに

 ひいた

 よ!

 これまじでヤバいほんとにヤバい
 購入前に年齢確認とかあったっけ。と、考えてしまったよよよ。

 とりあえず、イラスト4枚のうち2枚にタクさんがいたからいいや。
 たとえそれが、ょぅじょの でるたちたい を あわあわあらっている絵であろうと!

 ……せつない夏の終わりの日でございます。

 :「CHAOS;HEAD」関連リンク集
 :「CHAOS;HEAD」ブログ内記事まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。