2005.04.10

アニメ新番組2

 見るまでが遅く、見てからも書くのが遅い。そんなファーストインプレッション、続き。
 長文になるのも面倒なのでさくさく行くぞー。行きたいなー。

 いろいろアレな「創聖のアクエリオン」。
 ううう受け付けない。
 年齢詐称なキャラクター達全員、特に主人公とヒロインの言動がヘン演技がヘン。創聖だの堕天翅だのめまいがするほどキラキラしいキーワード。気持ちよいのは良いことだけどその気持ちよさが視聴者に伝わらないのはどういうことかの合体シーン。
 しかも転生ネタの付録つき。だめだこりゃ。
 一応あと何回かは見てみますが。オフィシャルにある眼鏡少年が出るまでは。しかし、キャラ説明を読んだらスーパーハカーってことなのでちょい萎え。一話を見ていると、頭のいいキャラが頭よく描かれていないしなあ。期待はしないでおこう。

 原作の予備知識無しで見た「エレメンタルジェレイド」。
 やりたいこと、言いたいことは分かる。分かるんだけど、おいしいものを食べるには、下ごしらえが必要なんだよね。おいしい場面を魅せるには、下準備が必要なんですよ。
 キャラクターの描写、台詞のやりとり、エピソードの積み重ね、という準備が。
 そこんとこ宜しく。多分もう見ないけど。
 あ、シスカたんという娘さんは良かったです。tacticsではむしろ鬱陶しいと思っていた水樹奈々の声が、やけに可愛く感じられた。それと音楽が素晴らしかった。個人的趣味としてはアクエリオンよりも気に入りました。途中から、本編を見るよりBGMのほうを聴いていたのは秘密だ。
 って音楽、ヤンマーニの人なのか。納得。

 原作冒頭は飽きるほど読んだ「ガラスの仮面」。原作に忠実なつくりなのに、舞台だけは現代に置き換えてあって、あっちこっちに綻びが見えるのが難。それ以外は(あと亜弓さんの髪型が縦ロールで無いこと以外は!)丁寧に作られていてオッケーな感じ。
 でも原作に忠実すぎると、別にアニメでまで見なくてもいいやーと思ってしまうわたくしです。矢島晶子の姫川亜弓は見てみたいので、しばらくはチェックするかと思いますが。

 たぶん今期一番注目すべき「甲虫王者ムシキング」。
 とにかくまず、美しい。背景が見ているだけで気持ちいい。音楽も良い。キャラクターも素朴だけど味がある造形。そして、シリーズ構成が吉田玲子ってだけで、充分チェックする理由になったりする。あ、今見たら脚本に山口亮太もいるなあ。
 ……ってうへぇ。山口亮太のサイト見たら、すごいこと書いてあるよ。鬱展開+萌えキャラ+SFだそうですよどうしますか!
 第一話は、萌えたり燃えたりではないけれど、なにかの予感を抱かせるものになっていました。
 お父さんとのやりとりの回想が良。今後に期待大。

 げー。気がつけば、なんかまた凄く長くなってる。このへんで一度打ち止め。
 頑張らないと、二話目が放映されてしまううぅぅ。