--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.08.25

素晴らしく今さら

 コミックバトン補足。
 5つの漫画の五番目は、本気で悩んで挙句に「そうだ、知っている人が少ないものにしよう」ということで決めたのですが、同時に脳内候補にしていた漫画をつらつらと。
 そういう理由で落としたから、定番が多いわけです。

・「エイリアン通り」 成田美名子
 王道少女漫画。リアルタイムで読んでいた最終章、来月があれほど待ち遠しかった時期は他に無かったかもしれない。多分私は、この作品のせいで、友達というものに多大な幻想を抱きすぎ、同時にそのせいでたくさんの幻滅をも味わいました。今でも残る「友人呼称恐怖症」の萌芽は、ここにあった。
 なので、読み返すと、少しだけ心のどこかが痛んだりする。

・「地球へ…」 竹宮恵子
 超能力ものバイブルその2。「那由他」と、どちらを先に読んだか、記憶が定まりません。アニメを映画館に観にいったことは覚えている……長いこと原作漫画を通して読まずに過ごし、大人になってから初めて最後まで読んで、ラストシーンの印象深さが沁みました。ちなみに竹宮恵子のSFとファンタジーはどれも好き。まとめ読みにも最適なので、ぜひご一読を。

・「トーマの心臓」 萩尾望都
「ポーの一族」とどちらを選ぶかと言われたら、エドガーとアランよりもオスカー一点買い、というわけで。いずれにせよ初めて読んだのは小学校低学年。冒頭に死、過去に事件はあるものの、基本的には割と淡々とした話なのに、シーンの端々が心に残っています。心臓に痛い漫画、を読んだのは、これが初めてだったかもしれない。

・「ノーマーク爆牌党」 片山まさゆき
 麻雀漫画の個人的最高峰。元来ギャグキャラに近い登場人物と重厚な闘牌シーンの、絶妙なバランス。それゆえに、単なるイロモノにとどまらないキャラクター達。初めて真剣に闘牌シーンを読み込んで、ストーリーだけではない、麻雀漫画の「麻雀」部分の楽しみ方を知りました。そして、爆牌よりも、自分がタコなだけに(笑)爆守備に燃えまくり。鉄壁はいいキャラだと思うのです。いまだに片山まさゆきキャラで一番好き。

・「じゃじゃ馬グルーミン★UP!」 ゆうきまさみ
 バーディーもパトレイバーもあーるも好きだけれど、地味な地味なこの漫画がゆうき作品では一番好きです。漫画を漫画として味わう醍醐味がそこかしこにあって、誠実な絵とともに、何度読み返しても楽しめるのが素晴らしい。そう、大事なのは絵。馬、あるいは牧場の風景や静物が、いつまで見ていても飽きないのです。人間のいない扉絵に気に入りのものが何枚もあったりして。

 ……とまあ、最終候補だった定番作品をずらずらと。ここに山岸涼子や大島弓子あたりが入ってくれば、完璧に年代のバレる(笑)超定番集になる予感。
 ああ、山岸涼子は「妖精王」「アラベスク」あたり入れたかったなぁ。ってキリが無いので、このへんで。
スポンサーサイト
2005.08.06

Comic Baton

 暑さでダルダル。無職でダラダラ。
 そんな中、単発の仕事の間になんとか考えたので、Comic Batonに回答してみます。
 バトンまわしてくれた菖蒲剣様にマツモト様、ついでに鍋兄様へ捧ぐ(笑)。

 しかし悩んだ悩んだ。もっと限定してくれたほうが答えやすいよね、こういうの。

■Total volume of comic on my Bookshelf(本棚に入ってる漫画単行本の冊数)
 いま部屋にあるのはだいたい200冊弱くらい。実家は、1000冊越えは確実。1500~2000冊くらいかと。……そこ! 引かない!

■Comic thought to be interesting now(今面白い漫画)
「おおきく振りかぶって」 ひぐちアサ
 普通に普通でスミマセン。でも一巻を買ったのは地元書店での試し読みからであって、風評を聞いてってわけではないので、いまだに「ヲレが発見した!」という気分が抜けないのですよ。アフタヌーンは立ち読みです。読み返したくて月に二回くらい立ち読みしてたりして。
 えーと、「うえき」については、現時点では、面白いというより「楽しんで」読んでいる漫画なので、ちょっと違うかもしれない。と思って外してみました。

■The last comic I bought (最後に買った漫画)
「おおきく振りかぶって(4)」 ひぐちアサ
「クロザクロ(4)」 夏目義徳
「金色のガッシュ!!(1)~(21)」 雷句誠
 ガッシュはサンデーでの展開にうっかり燃えてネット古書店から全巻購入。じっくり読みたかったので、対費用効果を考えたら、漫画喫茶で読むより買っちゃって読み終わったら売っぱらってもいいかなと。

■Five comic I read to a lot, or that mean a lot to me (よく読む、または特別な思い入れのある5つの漫画)
・「マップス」 長谷川裕一
 真の意味での「燃え」はここに在る。詰め込まれたセンス・オブ・ワンダー。史上稀なる爽やかで見事な終幕。裸だらけの戦闘シーンにめげず(笑)手に取って欲しい作品。
 中盤のシアン&ヒィのエピソードは、誇張抜きに生きる指標であります。実践できない自分が情けないけれど、それゆえになお。
 普段は禁じ手にしている引用を。

 "誰かがやらねばならぬこと"を選ぶ者がいる
 だがそれを選んだ者も けして 特別なわけじゃなく
 幸せになりたいと思っている多くの人々の一人と
 結局は同じなんだ

 強いのではない――
 そのぶんをがまんしているのだと――


・「ヘヴン」「ヘヴン2」 遠藤淑子
 よく読むなら「マダムとミスター」だけど、特別な思い入れがあるのは僅差で「ヘヴン」かと思い。甲乙つけがたいけど。
 人間は人間を殺さない。当たり前のことを、ごく静かに言っているだけなのに、どうしてこんなに響くんだろう。
 読む場合は一冊目から順番に、二冊同時をおすすめ。姉妹編構造になっているので。二冊目を読み終えた後は、絶対に、一冊目を読み返したくなります。

・「空の迷宮」 中山星香
 私が「ファンタジー」というジャンルを意識することになった最初の作品。魔法使い偏愛もここから始まった記憶があります。以後、ファンタジー小説&漫画&ゲームに傾倒していったのですが、七代目アーサー・ロビンは今でも心の特等席にいます。それにしても「妖精国の騎士」の凋落は残念でならない。

・「那由他」 佐々木淳子
 これも「ブレーメン5」と「ダークグリーン」の三択で悩んだ。結果、三作品の中で一番分量としては短いけれど、そのぶんストーリーそのものがぴしっと決まっている「那由他」に。個人的に超能力もののバイブルです。それでいて本格SF。素晴らしい。

・「ウィザードリィ」 石垣環
 ベニ松小説版の陰に隠れて話題になりにくいですが、このコミック版「ウィザードリィ」は名作でした。ゲームのコミカライズとしての出来も大変に良く、世界観のひろげかたも面白い(外伝は正直微妙だけど)。登場人物の錯綜する感情。何と言ってもバンパイアロード様が素敵すぎるので、さらにプラス5点ですよ。

■Five people to whom I'm passing the baton (バトンを渡す5名)
 大変なんで渡すのやめようかなと思いつつ、しかしここはあえて聞いてみたい気もするわけで……前回と同じだけど、きみさん。やまさん。で、打ち止め。
 聞いてみたい~知りたい~。まあスルーもOK、気づかなかったらそれもそれでOKってことで。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。