--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.08.28

体験版も終了

 製品版を待つのみ、となったので、ブログにカテゴリ追加してみましたPSU。PSOもセットで。
 いやまあ……DCPSO→GCPSOと違い、GCPSO→PSUは丸っきり別ゲームになったので、まだやることもあるかもしれないし。うん。

 とりあえず1stはビースト娘で決定。あとは順当にニューマン、ヒューマン、キャストと作るかと。作成順的には、店舗スペース担当にするつもりのキャシールが二番目に来るかもしれませんが。
 PS2でのプレイに若干不安は残るけれど、まあ、多数派になるだろうし。だったらクローズドの時みたいに自分だけスペック低くて肩身狭い思いをすることも無いだろうし。
 何より、ゲームはゲーム機+テレビでやりたい人間なもので、ハイ。

 発売日の8/31に有休を取ったは良いものの、サーバオープンが15時らしいと聞いてちょいと拍子抜け。まあオフをやるのも良いし、木曜日は他にブラウザネトゲの更新もあるので、時間の余裕が出来て結果オーライ。
 有休をずらして取り直せるなら取り直したいけど、9/1は金曜日なので一応自粛。うむ、駄目人間なりの節度だ。

 そんなわけで発売日は(可能なら)少し早めにオンしているかと思います。ログインゲーにならずスムーズに繋げられるようなら、おいおい連絡を取りましょう、プレイ予定の皆様。

 よろしゅうお願いします。
スポンサーサイト
Posted at 00:49 | ゲーム/PSO&PSU | COM(0) | TB(0) |
2006.08.20

読み返し三原順

 いちおうありました、夏休み。帰省せずだらだーらと引きこもって過ごしましたですがハイ。

 主にPSU体験版プレイと、マンガ読みで潰れた次第。
 PSUはクローズドやってるので、さほどモチベーションは高くはありませんが。何しろ製品版と考え合わせると、三回同じことをするわけなので、それはさすがに……といったところ。

 マンガは、今さら三原順三昧。
 たまたま古書店で買った文庫の「三原順傑作選80's」がやけに面白かったので、「X Day」「ムーンライティング」「三原順傑作選70's」「Sons」と買いまくり読みまくり。
 いや、もうね、これ、響くねえ。「80's」は記憶にある「セルフ・マーダー・シリーズ」が懐かしくて。当時、何度も何度も読み返したものでした。「X Day」は、昔は意味のわからなかった部分が、やっといくらか理解出来るようになって、奥深さにしみじみ。「ムーンライティング」はとにかく楽しいし(トマスは最高のツンデレキャラだと思うが如何)、「70's」は正直さすがに古過ぎて辛かったけど、解説の和田慎二が素晴らしい。コミック文庫の解説はかくあるべし、という文章でした。

「Sons」は花ゆめEPOでほぼ毎号読んでいたんだけど、後半はEPOを買わなくなって読まずにいたので、まとめ読みでつくづくと堪能できて幸せ。
 話はもちろんのこと、絵の密度にも痺れます。
 贅沢なものを読ませていただいて、という気分になる……今のマンガと違いすぎる。
 手でひとつひとつ打った点描、ひとつひとつかけあわせたカケアミ、緻密な背景、骨太の線で描かれた人物。
 目の表現はさすがに古いなあと思いますが、それ以外は(「Sons」については)時を経ても決して古びないほどに質の高いものではないかと。

 しばらくの間、浸って読み返しをしております。仕事に行く時にも携行。こんなの、久々だ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。