2007.01.07

時間はゴウゴウと

 たまってるアニメを見まくろうと思っていたのに、気がついたら別のことにハマっていたりして。
 ありがちありがち。

 OP・EDにダンスがあるアニメ一覧
 http://crusherfactory.net/~pmoon/mt/001218.html

 気になるものだけ見ていたはずなのに、気がついたら日が暮れてました。あなおそろしや。
 久々に見て嬉しかったのが、昔好きだった「NG騎士ラムネ&40」「魔動王グランゾート」のED。ついでに「夢のクレヨン王国」も、しみじみと楽しく。良いアニメだったのう。
 それと懐かしすぎる「ときめきトゥナイト」が、改めて見直すとえろえろすぎて素晴らしい。マント一枚ふわり。最強。

 近作では何と言っても「女子高生 Girl's High」EDに尽きます。ついでに大好きだった「ふたご姫」の第一期ED。あと「吉永さん家のガーゴイル」がDVD限定でダンスEDだったことも初めて知り、初めて見て、ちょいと感動。もともと歌が好きだったこともあって、かなり嬉しかったり。

 しかしこうして、OP・EDというTVアニメのエッセンスを凝らしたものをまとめ見すると、古いアニメは厳然として「古い」んだなー。
 良し悪しじゃなく(むしろ自分としては見ていて落ち着く動きなんだけれど)時代とともに絵柄だけじゃなくて動き方、動かし方も変わるものだなあとしみじみ。
 演出の問題もあるのでしょうね。あ、それと、色指定もかなり影響を及ぼすかも。
 関わる人の手が多い分、要因も単純に割り切れるものではない、か。

 そこがいいんだけどね。アニメって。