--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.08.29

あー

 おわったー。
 だめでもともと。
 だめでもおちこまない。

 あとがないからうしなうものもないよ。たぶん。

 ところでだいどころのくろいあくまとのたたかいですが、ワイパアワンを置いた夜は一匹だけ見かけるにとどまりました。
 で、翌日、アースレッドを焚いて外出。帰宅してみて、死骸一匹確認。その後数時間まるきり見かけず、幸せな気分でいたら、突然膝に這い登って来たベビーなあいつ……!

 はいよるこんとんはいよるこんとん
 ないあるらとほてっぷないあるらとほてっぷ

 南無。

 ここ数日見かけていた極小サイズよりも若干大きめ&その後は一匹も見かけていないことから、たまたま部屋へ紛れ込んできたのだと……信じたい……。

 とりあえずその後は出現していないです。
 このまま無事にシーズンオフへと突入しますように。
スポンサーサイト
2007.08.28

そろそろ腰を据えて

 PAF集めしようかなと。
 そういうわけで、ちょっと貼っつけておきます。


84 名前:名無しオンライン 投稿日:2007/08/27(月) 14:48:47.12 ID:xUeIM0pC
LV60なりたてでのAランクS狙い推奨職業(俺の独断と偏見)

1章act1…fF、fG  φだと火力足りないかも
1章act2…どれでもOKだがPS2ならマシンガンやレーザーを使える職が良いかも
2章act1…fF、fG、φ
2章act2…火力の足りない複合職でもない限りは大丈夫だと思う
3章act1…上に同じ
3章act2…fTとバーントラップG使える職全般
4章act1…fFとバーントラップG使える職全般
4章act2…fF、fG
5章act1…fT
5章act2…fG、fT、GT  fT以外は要キラーシュートLV11
6章act1…上に同じ
6章act2…fG 要キラーシュートLV11&光ダガー
7章act1…この辺から敵のHPの高さに阻まれS取得に手が届かなくなる
7章act2…fG、fT、GT  fT以外は要キラーシュートLV11
8章以降…力不足につき無理っぽい。全身高属性で固めたfFなら…?
10章act1…カーツをフルボッコするだけで終わるのでどの職でもOK。雷鎧でより安全に

 2章act2までSランククリア済。現在77個。
 とりあえずトルネードダンスまで、がんばりますよ。
Posted at 22:20 | ゲーム/PSO&PSU | COM(0) | TB(0) |
2007.08.27

たたかってます

 だいどころのくろいあくまと。

 三週間ほど前に、成虫を一匹潰したのが発端。
 それから一週間ほど経って、ベビーらしいのを発見。以後、ごくごく小さいのを毎日数匹ずつ見かける日々。
 ここ五日ほどは、ベッドから降りてみれば床を這いずっている、帰宅して床を見れば這いずっている、風呂から上がって床を見れば這いずっている、といった状態で、床に足を下ろすのが怖い。座るのが怖い。

 敵沸きすぎ。もう死のう<みんな

 元々、部屋の要所にコンバットは仕掛けてあったのですが、毒餌を食す前か食した後でさまよい出てきているのか、とにかくひっきりなし。
 ちょっと手や足がむずむずすると、這い登ってきたのではないかと思う。首筋に当たる髪の毛に、一瞬ひやりとする。床や壁の小さな傷や染みが、奴らに見える。歩く前に隅々まで目をこらして見ないと、安心できない。
 ……掛け値なしに神経やられそう。

 たたかうしかありません。

 情報サイトやら掲示板やらで情報を収集した結果、以下の対策を発案、順次実行。
 自分メモとして残すのです。

・ピレスロイド系殺虫成分を含むコンバットと併用し、フィプロニル含有の誘引殺虫剤を置く
・アースレッドを焚く
・玄関にミント系の香りの防虫剤を置く(嫌うらしい)
・調理台に中身の入った鍋やフライパンを放置しない
・洗い物は即座に片付け、水切り素早く収納も素早く
・室内の清掃徹底

 さきほど怪しい場所であるダストボックスの裏にフィプロニル系の誘引殺虫剤ワイパアワンを置きました。
 コンバットも新しいコンバットαのほうだと、フィプロニル配合のようですが、私が買ったのは古いほうだったので。風評ではフィプロニルの方が効果が高そうです。
 ホウ酸団子系は臭いが鬱陶しいのと、少し放置するとすぐにただの餌になるような気がして、見送り。

 玄関はハーブ系ミントの香りの防虫剤。ちょっとにおいが気にならないでもないけれど、まあしょうがない。天然素材メインだし、いいかなと。

 明日、出かける前にアースレッドを焚く予定。大家さんにも連絡済。

 たたかうよ!
 どうなる明日の私(の部屋)!
2007.08.26

久々に都会に出た気分

 いやゲームの中で、ですが。

 たいへんご無沙汰しておりますたけるさんと(PSO以来なのか某サイト以来なのか記憶も定かでない)待ち合わせしまして、朝から元気にオンライン生活。
 新規配信ミッションのHIVE逆走、行ってきました。

 えらく短くて、なのに結構な厳しさで、拍子抜けしたり死ぬ思いしたり。たけるさんのキャラにあわせてBミッションで行ったというのに、ごろごろ死んですいませんすいません。

 で、何が都会って、ユニバース01ってとこですかね。
 人がいっぱいいるよー。びっくりだよー。
 乱入してきてくれた人がおひとりいらっしゃったのですが、なんか若葉マークだよー。
 いろいろと新鮮。

 いわゆる野良パーティに近い状態でのPSUプレイが、実に実に久しぶりだったので、勘を掴めずに苦労したりも。
 久しぶりというか……レベル一桁の頃以来、かも。
 武器の取り扱いとか、PPの配分とか、まあいろいろと至らない点が多く、迷惑をかけたなあと。

 三周ほど回って、正午になりお昼おひらきとなりましたが、だんだんと敵を倒すコツも掴めて来たりして、楽しかったでしたよ。

 乱入もそのうちしてみようかしら。かしら。どきどきだけど。
Posted at 00:14 | ゲーム/PSO&PSU | COM(0) | TB(0) |
2007.08.25

一ヶ月近く経って

 やっと観ましたよう。「コードギアス」#24/#25。
 いろいろなところで、終わってない終わってないという話は聞いていたし、事前にそういう予感もしたので覚悟完了で観ましたが、いやあ酷いですね良い意味も悪い意味も含めて。
 二期はいつですか。来年中に来たらいいなあくらいの話ですか。
 ……生きる支えになってくれるかもしんないので、それはそれで。

 ともあれ、心構えがあったので、一歩引いた場所から眺められたのが幸い。
 ひとつひとつの場面を噛み締めるように、凄く楽しみながら観ることが出来ました。美味しい美味しいご馳走を食べている気分です。
 アニメにせよ小説にせよ漫画にせよ、本当に面白いものに出会うと、たとえではなく本当に美味しくて美味しくてしょうがないという気持ちになるんですが。この感覚は何なんだろう。美食欲が満たされる快楽に近いということなのか?というかぶっちゃけ脳内麻薬分泌中なのか。アニメ観過ぎとか美味しいもの食べすぎでもエンドルフィン放出してるってことか。脳がー脳がぁぁー

 閑話休題。
 前述の一歩引いた視点でもって観れば、それぞれのキャラクターに個別の見せ場があり、さまざまな要因がよりあわされるのではなくもつれあって行く様子が描き出され、作画は遊びの要素を含めつつ美麗かつ動きまくりという、ほんとに楽しめるものでした。
 この作品については、いろいろと考察するよりも、提示された映像にひたすらかぶりついて堪能するほうが、個人的には気に入りだったり。キャラ萌えしようにも、深入り危険立ち入るな、という看板が大きく立ちはだかっているような印象アリアリなので、完全に観客の立場で居続けるほうが気楽。
 ある種の逃げで、ずるいかもしれないけれど。

 とりあえず、自分内部で一区切りでございます。
 これで保留していた感想も見に行けるぞー。いやそんなに回ってないですが。

 と、喜びいさんで読みに行った相良さんちのブログにおける舎弟説(?)にちょっと感動してしまったので、ぺたり。
 http://sagalab.blog2.fc2.com/blog-entry-1027.html(バレ注意)

 やたらと腑に落ちたというか。結局のところ、どっちもどっちだよなあと。
2007.08.24

まあねえ

 こんなこともあるわけか。

 課金システムにおけるセキュリティ上の不備について
 http://phantasystaruniverse.jp/news/wis/?mode=view&id=420

 メール来ましたよ。ええ。
 対応の素早さは、らしくなくて宜しいのではないかと。
 ちなみに「該当のお客様」は47,494名だそうです。けっこう人数いるんだなあ、というのが正直な感想。

 ともあれ、イルミナスのちょうど一ヶ月前。あんまり下手は打たないで欲しいものです。

 イルミナスと言えば、



 こんなブログパーツの配布が。後半のオフストーリー部分いらねー。CMでまでライア見たくねえよ!

 で、イルミナスですが、PS2版を買うかWin版を買うか悩み中です。そろそろ予約しないといかんかな、と思いつつ。
 ええ、買う気ですよ。やる気ですよ。満々ですよ。いいんだよ放っといてよ!(逆切れ)
 スライサーと鞭とPSOコスチュームとカジノロビーと自由なレイアウトのマイルーム。これだけでいいんだー。いいんだー。
Posted at 21:44 | ゲーム/PSO&PSU | COM(0) | TB(0) |
2007.08.23

とか思っていたら

 先週からずっと引きずっていた口唇ヘルペスが治癒した頃を見計らったかのように、歯科医送りに。

 どうでもいいけどヘルペスって微妙な病気なのね。出来る場所によっては、モニョモニョな病気だから。らしく。
 病名を確認する時に、調剤薬局の人が声を潜めたのが少々愉快でございました。
 抗ウイルス薬を飲んで、五日ほどでほぼ完治。

 で、やれやれと思っていた六日目の朝、ごはんを食べていたら突然、歯の詰め物が取れた……。
 ちなみに食べていたのは冷奴と胡麻ふりかけ。なぜこれで取れる!

 朝一番、受付開始と同時に電話で予約を入れて、七年ぶりの歯医者さんへ行きました。
 とか言うと勇ましげですが、実際のところ、歯の治療には人並みかそれ以上の恐怖心を持っているわたくしです。自分を奮い立たせる為にこんなスレを見たりして。

 歯医者が怖くていけません 皆で行こう20
 http://life8.2ch.net/test/read.cgi/body/1182556644/

 でも、久々に行ってみると、確かに凄く進化してるんだなあと。麻酔がちっとも痛くなかったことに感動。
 応急処置のみということで詰め物が取れたところ(虫歯が進行していた)を治療して、噛み合わせる部分の虫歯もちょいちょいと削って、新たに樹脂を詰めてもらって、一回で終了。
 ああ。痛くない歯医者さんって、幸せ。

 金銭的な余裕が出来たら、ゆっくり通ってもいいかもしれない。

 とりあえず歯磨き、丁寧にすることにします。
 牛乳も飲みます。
 野菜食べます。

 だからこれ以上、医療費かさまないでくれー。
2007.08.21

夏の終わりが近づくと

 どうにもやるせない気持ちになってくるのはなぜ。リリカルリリカル。
 プリントアウトしておいた紙を一束無くした(多分間違って捨てた。HDDクラッシュ前のものなので復旧不可能)為という説、貯金の残高が少なくなってきている(自業自得)為という説、人との会話が少なすぎる(絶賛引きこもり中)為という説、二日ほど部屋に滞在中の蚊との戦いに連敗中(耐えかねて蚊取り買ってしまった)の為という説、まあいろいろありますが。

 とりあえずまともな生活に戻さないと駄目かしら。駄目だろうな。
 とか言いながら、こんな時間になっているあたり。

 読書メモでも書いておこうかと思ったのですが、どうにも駄目人間指数が上がっていて、まともに文章が作れません&ひと様の素敵な作品について語る心境になれません。
 アニメ視聴もかなり滞っております。

 今月末まで、ちょっと、がんばりますよ。いろいろと。
2007.08.15

この貧乏な時期に

 DVD化決定の報。
 投票してあったんだっけ。すでに遠い記憶の彼方。

 い、いや、でも、これは買わなくては……!

 爆走兄弟レッツ&ゴー!!(完全生産限定版)
 http://www.tanomi.com/shop/dvd/items04290.html

 怖いのは、映画版の扱いがどうなるのか。
 12月発売予定のWGP編に含まれる、と考えるのが妥当でしょうけれど、違うんだー! 映画版はアミノテツローのアミノテツローたるアミノテツローなんだから、WGPとは一緒にしないでくれええぇぇぇぇ!

 ……映画版のためにWGPのBOXを買うのは辛すぎですよ。

 とりあえずDVD公式サイト。
 http://cgi.shopro.co.jp/tv/let_go/main.html
 イラスト&ぬり絵&写真募集なんかしていて、無駄に熱いぜ。TV全話紹介があるのもなにげに丁寧だ。
 個人的には写真コーナーが楽しかったり。ミニ四駆はいいねえ。
2007.08.14

新しいマシン来ましたよ

 幸せです。デスクトップのある生活。
 そういうわけで幸せついでに、読書メモちょこちょこと。

・「テイルチェイサーの歌」タッド・ウィリアムズ
 タイトルだけずっと昔から知っていたハヤカワのファンタジー。猫の世界、猫の視点での、ビルドゥイングスロマン。序盤は猫の習性の描写や「名前」についてなど、読んでいるだけで楽しかったけれど、中盤以降はけっこう重くてしんどかった。捕虜の描写がわりと長かったせいかな。しかしまあ、可愛かったし、楽しかったし。エピローグも綺麗に締めていて、名作と呼ばれるだけのことはある。
 しかし解説が蛇足。どうして他作品を貶めるような物言いをするのかな。悲しい。

・「チルドレン」伊坂幸太郎
 初・伊坂幸太郎。いやー確かにこれは面白いわ。視点人物を切り替えつつの連作短編の体裁を取っているけれど、どれもがきっちり面白い。良キャラいっぱい、「いい性格」のキャラいっぱいで、キャラ萌えもする。話も一編ごとに引き込まれる。
 他の作品もいろいろ読んでみようっと。

・「甘栗と金貨とエルム」太田忠司
 だいぶ前に購入して、積んでいたもの。いや私は太田忠司という人の作品が本当に大好きで、しかし近年発刊ペースが落ちているので、もったいなくて読めないというのが真実。
 で、やっと読んで。いやー……地味だ……。普通、「高校生探偵デビュー」とか煽りがあったら、嵐の山荘とか見立て殺人とか、そういった派手派手しい事件が来るだろうに、この地味さは異常。しかししかし、大好きだー! 涼子ちゃんがおいしい役どころで出演しているのも、嬉しいサプライズだった。
 しかし、読み終わって気になったのが、表紙画。内容を知らぬままに描かれたものであろうことが明らかで、ちょっと萎えた。いやこの絵で新規のお客さんをいっぱい引っ張れたかもしれないので、それはそれで良いのか。

 ここからラノベで。新人賞受賞作品をだらだらと。

・「トウヤのホムラ」小泉八束
 設定は好みのタイプなので、期待半分不安半分で読んでみた。もっともっと痛くても良かったのになーというのが第一。ツンデレキャラしかいないぜ! というのが第二。最後の最後にレギュラーキャラが加わるって投稿時点からあった部分なんだろうか、という疑問が第三。
 結局はハーレムなのか。とも思いつつ、続きが出るなら読んでもいいかも。ちゃんと「小説」しているのは好感触。

・「七人の武器屋」大楽絢太
 何だろうこの既視感。原田宗典とかそのへんの微反体制青春小説を、ごくごく気楽にしてファンタジー世界に持ち込んじゃった感じ。その途中でいろいろと雑多なラノベ風味を加え、面倒なしがらみはどっかに飛ばし、という。しかしこの同時代性は、読み捨て御免を覚悟し、自覚してのものなのだろうか。

・「タクティカル・ジャッジメント」
 ラノベで裁判ものを書こうという着眼が意表。なぜに。……あーでもこれ受賞作だし、いろいろ深読みも出来るか。問題はキャラクターの味付けかしら。挿絵がアレなことや、アクの強いキャラ(あるいは記号に過ぎるキャラ)が多いこともあって、個人的には辛かった。

 なんかもう思い出せない……図書館で借りた本や、古書店に売った文庫。まあ、思い出せないなら、それまでか。
 あとはリプレイ既存シリーズの新刊とか、漫画の新規開拓にも挑んでいたり。八割くらいの確率で玉砕していますが!
 アンテナ伸ばし伸ばし。
Posted at 23:21 | 読書メモ | COM(0) | TB(0) |
2007.08.11

まんまとのせられて

 最近はかなりPSUやってます。
 とにかく合成確率UP期間。これに尽きるというか。死ぬほどダブセ量産しております。

 しかし全然出来ない高属性。おかげでまんまとメセタ回収されまくり。とにかく10~20%ばっかり。
 かなりの数を作りましたが、30%越えは三本だけですよ……ええ。そのうち一本は50%なので、文句を言ったらいかんのかもしれませんが。
 でも闇なんだ。どうして闇で50%が出来るんだ。使いどころ微妙すぎ……。

 デフレ激しく、低属性は全然売れないし。
 2ndのパシリで銃の方もそれなりに合成してみたんですが、こっちも値崩れが激しくてどうにもお手上げ。
 銃はまだ「商売」になる部分もあったのに、こりゃ酷いわ。

 そんな混沌を楽しめるのも、この過渡期に居合わせたおかげかもしれんですが。

 あと、ワールド統合を控えて、ちょいとワールド1にも行ってみました。放置のままの1stビースト娘のショップがなぜかほぼ品切れになっいて驚いたり。
 ファミ通で復帰した、パートナーカードを交換した人が、部屋に来てくれたとかかな?
(長期間人の出入りが無いショップは検索にかからなくなるはずだと思ったのですががが。変更でもあった?)
 とりあえず、合成については出遅れもいいところなので、こっちは基本的に材料売りに専念しようかなと。
 ただし、統合したあとの共有倉庫の扱いによっては、また分からないです。

 そんなわけで、けっこうオンする時間が増大している昨今。見かけましたらよろしくです。むしろ復帰しやがれ皆々様。
 今ならまだファミ通報酬期間延長中で全員超星霊+エステ無料+服・パーツ半額+合成確率20%アップ中ですよ。

 ちなみにご報告。
 クラッシュしたPC、結局買い換えることにしたのですが、うっかりゲームがぬるぬる動きそうなスペックにしちゃいましたよホホホ。
 来週あたり届く予定。ああ楽しみ。
Posted at 16:30 | ゲーム/PSO&PSU | COM(0) | TB(0) |
2007.08.04

ちょっと嬉しい誤算

 そういうわけで、「緋色の欠片~あの空の下で」。ファンディスクであります。

 プレイしてみて、いろいろとびっくり。

 立ち絵が大きく(近く)なってるー!
 美鶴が良キャラになってるー!
 文章がまともになってるー!

 完全に後日談&パラレルな(文字通りの)お祭りエピソードなので、ボリュームはちょいと物足りないけれど、濃縮された甘々な数日(あるいは一日)に絞り込んでいるがゆえに、冗長さを感じることもなく。
 本編で報われなかったキャラクターのフォローも抜かりなく。各シナリオにおける分岐の説明も過不足なく。

 何よりもやっぱり、美鶴の扱いだなあ。ネタに走った部分は楽しかったけれど、それよりも、バレンタインエピソード。ちゃんとヒロインに好き好きオーラを出してくれていることが素晴らしい。ゆりゆりしい味付けもおいしゅうございます。
 同性キャラはこうでなくっちゃ。

 テキストは普通にテキストゲームとして読めるものになっていて、読んでいて引っかかるような部分は(目くじらをたてなければ)殆ど無く。
 ついでにシステムで少々不便だった箇所にも手が入っており、嬉しい限り。

 しかし、前回書いた不満点がすべて解消されているとは思わなかった。いやーもう本当にびっくりしたわ。
 これなら新作も期待できるかしらん。

 そして良い意味で変わらぬ点も。

 真弘先輩はたいへん素敵でございました。

◆amazon link

緋色の欠片 ~あの空の下で~(通常版)
2007.08.02

テキスト×ノベル

 目が泳ぎ読み飛ばしてしまうノベルゲームって、何なのかしら。
 とか思いつつ、立て続けに乙女ゲーです。続編の発売を控えた「緋色の欠片」です。

 事前に聞いていたとおり、絵はとても美しかったです。個人的な好みとしては、もうちょっと立ち絵が大きい方がいいかなーと思うけれど、それ以外は背景もイベントグラフィックもほんとに綺麗。思わずうっとり。CGの集め甲斐があるぜー。

 キャラは若干ステロタイプだけれど、真弘先輩だけはガチ。直情径行+ツンデレ+先輩+チビ(含:コンプレックス)とまあ、普段はさしてツボでもない要素満載なのに、融合したらなんだかちょうもゆすキャラになってるのは何故なんだ。不思議だ。世界の謎だ。

 システムは、やけに選択肢の少ないノベルゲーム。
 おかげで序盤はやたら退屈でしたが、攻略というほどの攻略はせずに済むから楽かしら。後半はひとつの選択ミスが即ゲームオーバーにつながったりするので、こまめなセーブが基本ですが。
 セーブ・ロードは早めだし、クイックセーブも当然装備、なので気になるものでもないかな。ゲームオーバーで飛ばされるヒントコーナーには、正直うんざりしましたが。いろんな意味で。
 あとは、ヒロインがここまでイベントCGに出張るのなら、通常時のウィンドウにも顔を出しといてくれるほうが好みかなあ。没入感持続の為に。

 世界観はありがちな異能+伝奇ものですが、王道で個人的には好みのジャンル。ストーリーも、きちんとキャラごとに分岐してくれていて、複数のキャラのルートを知ることで全体像が明らかになる部分もあったりして、よい感じ。若干、プレイヤーにかけるストレスと、カタルシスとのバランスが悪い気もしますが、許容範囲内。

 と、ここまでは良ゲームの要素満載なんですが。
 ノベルゲームとしての致命傷が。
 文章がヒドゥインデスよ。

 ごくたまに、おっと思う形容や描写もあるのだけれど、その十倍は存在するツッコミどころ、日本語として不自由なところ、同じ表現のリピート。
 そして感情移入を妨げる地の文章。プレイヤーという擬似主観の存在する「ゲーム」の文章であるということに気を配っていないのが、何だかなあと思うわけで。ラノベを意識しすぎているのも、ぶっちゃけ寒い。戦闘描写はじめ、全体に冗長すぎるのもマイナスポイント。
 テキストを楽しむはずのゲームで、新しいテキストが出てきて既読スキップが止まるのが苦痛ってのは、いかがなものかと。
 単純に推敲や校正の不足を補えば、五割増しくらい良くなるだろうに、もったいない。

 とか何とか文句だらだら言いつつも、全キャラコンプしちゃっているわけですがね!
 うむ。まあ、その、楽しかったです。真弘先輩とか真弘先輩とか真弘先輩とかが特に。
 続編で、いろいろと払拭されていれば良いなあと願いつつ。
 全体的にFateへのラブレターっぽい部分が消されていると、嬉しいよな。

 とか考えていて気がついた。美鶴への不快感は、桜に感じるものと同種だー!
 ああ何だかスッキリした。そうか、それでか……。

◆amazon link

緋色の欠片(通常版)
2007.08.01

家政婦は見るのが仕事

 相変わらず、借り物の乙女ゲームに勤しむ日々。
 ざくっとクリアの「フルハウスキス」であります。

 タイトルだけは聞いたことがあったものの、家政婦ゲームとしか認識しておらず、取説を見て初めて教師やりつつ探偵役やりつつ、ということを知ってびっくり。いやいくらなんでも盛りだくさんすぎませんかそれは。
 と思ったら、確かに中華のフルコース食べたみたいな満腹感アリアリではあったのですが、全体としてはちゃんとまとまっていて、どの要素も面白かったでございます。あ、もちろん恋愛要素も。

 ものすごくベタベタな設定をネタとして昇華しつつ、キャラクターが安易な記号ではないというのは好印象。

 ただ、探偵部分というか、本筋が、わりと深刻な事件に絡むわりにあっさりと流されているのは少々気になりました。
 それと家政婦パート、最初は楽しかったけれど、職業倫理に反する行為(笑)をしないと恋愛部分が展開しませんってのはどうなのよ。いやそういうゲームだからしょうがないっちゃしょうがないですが。後半になると飽きてきて、ひたすら面倒くさかったのも難点。

 そんなこんなで、一哉のみクリアで、キャラコンプとは行きませんでした。楽しい部分も多かっただけに、もったいないなーと思いつつ。

 ……そのうち自分で買って、うっかりクリアしてるかもしれませんが。ほほほ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。