2010.01.13

学生は眩しすぎて

 お品書き:「遠まわりする雛」「温室デイズ」「プラネタリウム」

 さらさら読めるものばかり読む最近なのです。
 つらいのはいやなのです。


遠まわりする雛:楽天ブックス
 読むのがもったいなくて、しばらく積んでいた一冊。古典部シリーズは本当に面白いですよ楽しいですよ。この小さく傷つく感じが良いのです。
 今回は短編集で、一年を通していくという構成。相変わらずの日常の謎。しかし、ささいなきっかけから膨らませつつ、どんどん惹き込まれていくのが、気持ち良いのだなあ。ただ、緩やかだった人間関係に、変化の兆しが見えていて、これが吉凶どう出るか。
 とりあえず、あんまりしんどい方向には行って欲しくないなあ。


温室デイズ:楽天ブックス
 冒頭から学級崩壊、学校崩壊の話が始まっていることに少々気後れ。これは重いかなぁでも瀬尾まいこだし大丈夫だろう。と、読み進めて。どろどろとした話には持っては行かず、かといってご都合主義にも終わらせず、物語を物語たらしめる分かりやすい事件も挟まず。でも、決して淡々としている、という印象でもないあたり、不思議な読みくち。
 えげつない描写で客寄せをしていないことに、敬意を表するのです。


プラネタリウム:楽天ブックス
 すこしふしぎ要素が入った、中学生が主人公の恋愛小説短編集。スパイスとして、すべての作品にプラネタリウムが登場するのが、書名の由来かしらかしら。
 ふしぎ要素は時に美しく、しばしばグロテスク。なんとなく昔の白泉社系少女マンガの読みきり風というか。それは良いのだけれど、主人公達がみな感情移入しにくい性格……と思うのは、私が年寄りだからかな。そうかもな。
Posted at 23:59 | 読書メモ | COM(0) | TB(0) |