--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016.01.07

映画「トップガン」「アンタッチャブル」

 新文芸坐のクラシック映画2本立て。なにげに通してちゃんと見るのは初。
 そういう映画って、けっこう有ります。私の場合、まず「お話は最初から最後まできちんと見ないといや」という性質が昔からあって、最近ここに「映画は映画館で見ないといや」という面倒な属性が加わりまして、ええ。
 古い映画は小さい頃にテレビで見ている可能性もありますが、記憶になければまあ見たことないのと同じよね。

 平日の昼だったのですが、観客の八割くらいが年嵩の男性で驚きました。青春時代の思い出に浸りに来たのか、はたまたシルバー割引があるからか(身も蓋もない)。
 座席はほぼ埋まっていて、ああ、新文芸坐って、ちゃんと盛況な映画館なんだ。と、しみじみ。いや名画座ってなんかガラガラなイメージあるじゃないですか。なんとなく。
 ビッグタイトルであり、日本の映画館での上映がこれで最終になる可能性が高い、ということもあったのかもしれませんが(配給会社の日本撤退、上映権切れ)。

 内容については、今さらなので……どちらも面白うございました。「トップガン」は、ああ、アメリカ映画だなぁという楽しさがあり。それと、ストーリーのシンプルさが潔く美しかった。とにかくひこうきを描くための映画だから、これで正解なのよね。
 そしてトム・クルーズの若さ。若々しさ。単に若い、というだけでなく、この映画にふさわしい「青二才」くささたっぷりで、これまた潔く美しく。トム・クルーズの記録という意味でも、ひとつの時代を切り取った映画なのだな、と。
 二本目に見た「アンタッチャブル」は、フィルムの状態がかなり怪しかったですが、それがまた懐かしく感じられました。マフィアとか暴力団とか、「現実に存在する暴力」「無力な一般市民が関わったら決して勝てない暴力」が出てくるフィクション、最近どうにも見るのがしんどくてしょうがないのですが(脳内では歴史的事実とかも同一カテゴリで入ってしまう。暴力ではないけれど、抗えないものという意味で)、これは実話が元ということで、うぃきぺでぃあで若干予習をして行きまして。「作品内で主要登場人物が死亡する」「しかしそれはフィクションである」というのを頭の隅に入れて鑑賞しましたです。意気地なし。
 ……それでも、死亡シーンは悲しかったですけれど。
 そしてケビン・コスナーの若さ。フレッシュさ。ケビン・コスナーってなんつうか日本での時代劇俳優的な貫禄のつきかたをしてしまったので、この頃のストイックな雰囲気はまるで別人のようで。ケビン・コスナーの記録。記憶に残る記録。

 いろいろと感慨があり、楽しい映画体験でございました。
 映画はやっぱり映画館で。
スポンサーサイト
2016.01.05

帰省中に読んだ本

小出しにして記事数を稼ごうという魂胆ですよ。ひどいですね!


昨日の海は
 近藤史恵。男子高校生が主人公の一人称。そりゃ読むしかないでしょ、という。
 前にも書いた気がしますが、近藤史恵の書く男性一人称小説の「女性描写」がすごく好きなんです。主人公のフィルタを通した女性の描かれ方が。
 期待に違わず、どころか期待を大きく超えて、多種多様な女性の描写を見ることが出来ました。堪能しました。っていうか読み終えて振り返ると、女性の登場人物だらけだったなぁ。
 母親、若く活動的な伯母、小さい従姉妹、クラスメイト女子、写真家の女性、過去を遡って出会う祖母の肖像。ああ本当に女性だらけだ。これ意識しての構造なのかな?なんだろうな、きっと。
 それはそれとして、ひとりの少年の成長物語として、しみじみしつつ読みました。面白かった。田舎に生まれ育った者の鬱屈、プライド、そしていずれは離れていくであろう自分をも俯瞰して眺めている様子が、屈折しつつ純朴で、好感の持てる造形でもあり。
 近藤史恵の書く男性一人称小説、好きだなー(何度目か。何度でも言う)。
Posted at 00:00 | 読書メモ | COM(0) | TB(0) |
2016.01.04

帰省中に読んだ本

 帰省中に読んだ本のメモを今さら。


千年ジュリエット (角川文庫)
 読むこと自体が今さら。あるいは今だから?
 単行本で購入して、ずっと積んでいたのです。なぜって、もったいなくて。このシリーズが、この作者が大好きで、けれど執筆ペースはとてもゆっくりなので。一冊一冊がもったいなくて。シリーズ最新作『惑星カロン』が出て久しいですが、そちらの購入を忘れていたというのもあり。なんだ、駄目じゃん!
 あとは、アニメ化前に読み進めておこう、という気持ちもありました。
 いつもの通り、少し苦くて少し甘い、青春の味付けいっぱい、笑える部分有り、ほろりとさせる部分有り。宝物になる短編集。
 連作短編の妙として、前エピソードからの少々の伏線も、お約束ながら楽しい。いつものメンバーは相変わらず魅力的、だけれど、今回はチカの一人称以外の作品が多かったこともあって、より広がりつつ「第三者から見たチカの魅力」も感じられるようになっていて、別の楽しさもあった。
 どのエピソードも楽しかったけれど、毎回のことながら、単行本表題作は泣かせと苦みと仄かな暖かさを持って読ませてくれる一本でした。ミステリとしての仕掛けも、オーソドックスでありながら、なかなか意表を突かれたし。

 ……しかし、アフィリンク貼るのにあまぞんれびゅう見たら、文庫版での加筆修正がけっこう大きいのか!あー。もー。文庫版買わねば。あー。もー。いや嬉しいけれどね二度楽しめるからね!
Posted at 23:59 | 読書メモ | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。