--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016.02.10

映画「オデッセイ」

 話題作であります。公開前から気になっていた作品であります。
 SFであります。宇宙であります。
 悪人の出ないお話であります。
 諦めない主人公であります。
 とても好物であります。

 公開直後に行きたいくらいの勢いでしたが、タイミングが合わずに、翌週のレディースデーに見てきました。見るのが遅れたせいで、ツイッターで感想ツイートが若干目に入ってしまい、先入観を植え付けられそうで苛々したりもしましたが。そんな心が狭いならさっさと見に行け自分。
 そもそも私がフォローしている人が、こういう映画、こういうジャンルを好みそうな人が多い、という問題もあります。問題じゃないけど。好きでフォローしているのだから。
 しかし公開直後の映画に対して、某バラエティ番組を引き合いに出して認識を広めようとするのには、本当に苛々させられた。なまじイメージが喚起されやすいだけに、それで固められてしまうのが怖くて。というか、実際に鑑賞していても思い出さずにはいられず、腹立たしかった。
 自分の知っている文脈でフレームを切り取ることの危うさは、いつだって意識していたい。対象を歪めてしまうことのないように。フラットに受け止められるように。

 愚痴はさておき。
 冒頭の火星の嵐がまず怖くて怖くて、その怖さが嬉しくも楽しかった。ここから始まる危機、苦難、それらを乗り越えていく様子を、今からじっくりと味わえるのだ、と。
 期待に違わず、展開していく物語。
 ひとつ予想を良い意味で裏切ってくれたのが、主人公のユーモア溢れる語り。記録媒体に向かって話しかけるって、これいいアイディアだよなぁ。
 後にきっとテレビ番組とかで流されまくるんだろうな、とか妄想してニヤニヤするのも楽しくて。

 救助されるまでの二転、三転を、上映時間的にまだここから何か事件があるんだろうな……トラブルが起こるんだろうな……ほら、起こった!といった感じで予想してしまえるのは、ストレートな筋書きゆえにしょうがないのですが、それらも捨て鉢な雰囲気になることはなく、むしろ新たなる障害へと立ち向かっていく主人公&スタッフの姿勢に心うたれる、という仕組み。

 個人的には、ヘルメス号内部でのクルーの描写がすごくツボで、悶絶レベルでございました。人物描写、会話のシーンもさることながら、「宇宙船の中で暮らしているクルー」の描かれかたが。ただ移動しているシーンを見るだけで楽しい。重力制御、船内エリアによる加重の違いなんかがさりげなく描かれるのが、SFマインドを刺激してくれます。
 船長が「コマンダー」って呼ばれるのも、小気味良い。格好良い。船長というより司令官なんだな。格好良い(大事なことなので)。

 ともあれ、ほんとに気分の良い映画でした。
 世界は、地球は、火星は、宇宙は、未来は、悪くないものかもしれない。そう思わせてくれる映画でした。
スポンサーサイト
2016.02.05

単発コミックス


天賀井さんは案外ふつう(1) (ガンガンコミックス)
 案外ふつう。ということは、ふつうじゃないことが予期される人物なわけで。どんなお話なのか、読んでみたら、ほんとに「ふつうじゃない」属性がてんこもり、しかし振る舞い自体は「案外ふつう」の女の子で、たいへん魅力的なヒロインでした。
 ストーリーもいろいろとてんこもり。裏表紙のあらすじを見ると「伝奇ミステリ、切ない兄妹愛とほのかな恋愛、どろどろとした一族の因習」といった話なのか?と思えるのですが、実際に読んでみたら、全体に陽性というか能天気というか、殺伐としつつ明るい雰囲気で、意表を突かれたなぁと。あとがきによると「日常系伝奇コメディ」だそうで。事前に読み取れなかったのが悔しい……。
 ところでこれ、個人的に「座敷牢に入れられた兄」というくだりに惹かれて、というか字面だけでなんか萌えて購入を決意したのですが(元から原作者の小説が好きということもあるけれど)、その兄のビジュアルの強烈さには、全身から力が抜けて崩れ落ちるってレベルじゃねーぞ!リアルに本を取り落としたぞ!……でした。


遠藤淑子作品集 ヨシツネ (バーズコミックス スピカコレクション)
 遠藤淑子の短編集。表題作の「ヨシツネ」は前後編、ほかすべて単発で完結の短編。しかしタイトルに冠したわりに、「ヨシツネ」は尻切れとんぼな感じで終わっていて、あれ?となってしまった。なんだろな。続きの構想はあるのか、あったのか。これが収録中の最新作というのも若干辛い。
 他の短編はしんみり感動系の短編、こちらもいつもの遠藤淑子。しかし個人的な好みの度合いでは絶対こっちだなぁ。いつもの、と言いつつ、巻末を飾る「手紙」は、構成と演出の積み重ねの妙があって、手をかけた短編だなぁと思いました。しみじみと面白かった。
 しかし絵にはどんどん手をかけなくなってるよなぁ。32ページの短編の中で同じ背景素材を四回も使うのはどうなの。ふと気がついて、以後気になってしょうがなくなってしまった……。
2016.02.04

さいたまけんみんですからー


このマンガがすごい! comics 翔んで埼玉 (Konomanga ga Sugoi!COMICS)
 話題になった埼玉disコミック。とは言うものの、あくまでもネタで、自虐も含めて、ギャグマンガとして描いているので、埼玉県民としても笑い飛ばせる。むしろいじられ楽しく読める。そこが重要。
 さらに、虐げられた埼玉県民が、茨城県民をさらに下層と見なして侮蔑するという構図も取り入れていて、作品の多重化を行っているという。disに重ねたdis。皮肉に重ねた皮肉。
 そんでもって、描いていたのは作者が埼玉在住の時のみ、埼玉から引っ越したことで続きが描けなくなったというのが誠実。作品に対しては、未完で放り投げてしまったということで、誠実どころの騒ぎじゃないですけれども!ちなみに奥様が茨城のご出身だということで、茨城もネタにした、とあとがきマンガにありました。
 ……じゃあパタリロの中で千葉をネタにしていたのは(略)……いやギャグですからね、うん。うんうん。
 話題性のみならず、1980年代前半の作品群ということで、ちょうど作風が確立した頃。美しい手描きトーン、鋭利な美形キャラクターなど、「あのころの魔夜峰央」にガチはまりしていた世代(つまりワタクシ)には、懐かしさも含めて楽しめるものでした。あのころの魔夜峰央……あのころのパタリロ、あのころのラシャーヌの続きが、読みたかったなぁ。
2016.02.01

ぞっかん


マネーフットボール 3 (芳文社コミックス)
 応援継続中ということで。1巻2巻同様、3巻も堅実に面白かった。ただ、その堅実さがやはり地味な印象に繋がってもいて、「雑誌に掲載されていたら、その雑誌の層を厚くしてくれて良い」というくらいの立ち位置のような。ゆえにコミックスの初動が良くない作品になっちゃっているのかなぁ。いや面白いんですけれど。
 サッカーにはほんと詳しくない私ですが、監督交代ブーストの解説とか、連戦によるテンションと疲労蓄積の乖離とか、すごく納得のいくもので面白かった。「マネー」としては、オフサイドの金額換算がまた面白く。
 だらだらと続いたらいまひとつになりそうだけれど、作者が描きたいものを描ききるまでは、しっかりと続いて欲しい。応援のコミックス購入、続けます。


白暮のクロニクル(7) (ビッグコミックス)
 読んだのは年末で、少し時間が経ってしまいましたが。相変わらずの1巻完結ミステリの面白さに加え、いよいよストーリーが核心に迫ってきて、読み応えのある一冊でございました。
 しかし今回、完全に無辜の、因縁も関連もない、現在進行形で生きて会話して人間関係を結んだキャラクターが犠牲者となったことで、なんとも言えないしんどさがありました。将来の夢や生い立ちを語って好感度を上げた後ゆえに、なおさら。いや全部狙ってのことなのでしょうけれど。
 おそらく、この先で主人公達の捜査のモチベーションをさらに高める機能も果たすのでしょう。それにしても、辛かった。


サイケまたしても 4 (少年サンデーコミックス)
 こちらも1巻完結構成ながら、全体を通しての佳境に入りつつあります。多分。いやまだまだ続くかもしれないけれど。
 能力バトルもので、1エピソード1巻をここまで徹底しているのは実はすごくレアなんじゃなかろうか……と、ふと思った。1エピソードずつ、きちんと完成させてから(あるいは完成の目処がついてから)雑誌掲載し、次のエピソードの開始直前にコミックス発売、という流れを取っていますが、これ作者の信用の無さ(過去作品の長期休載・尻切れ完結歴)とともに、作者がとてもとても大事にされた態勢でもあるよなぁ、と。過去作品での実績、愛される作風と人柄、そういったもので編集者に愛されている漫画家(想像するのみですが)は、何かしらあっても必ず何度も表に出て来る。そんな気がする。
 ともあれ、お話は円熟期の感。能力バトル、新たなる仲間、ライバル、敵の一面。そして、主人公側の抱える問題、葛藤、さらなる事件。前巻は「敵」の設定に少々の無理を感じる部分もありましたが、今回ある程度内情が明かされた(だいたい予想通りでしたが)ことで、対決への期待が若干高まりました。この先も順調にお話が進んで、綺麗に完結してくれたらいいな。って気が早いか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。