--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.03.26

「CHAOS;HEAD らぶChu☆Chu!」プレイ記#1

 一周目、梨深ルートでクリアしましたー。

 とりあえず、システム素晴らしいですな!
 11eyesやSTEINS;GATEでもたいがい完成されていましたが、そこからさらに使いやすくなっていることに感動しました。具体的には、キャラクターごとの音量調整が出来るようになったり(BGMやSEも個別に設定可能)、TIPSの新着がすぐに開けられるよう新着一覧としてまとめてあったり。
 クイックセーブの画面表示がとても奥ゆかしくて、没入感を削がないのも良。
 バックログ画面も見やすくなったし、セーブは超速、ロードは若干待ち時間がありますが、全然気にならない範疇。オートプレイはボタン一発での割り振りがちゃんと為され、スキップも当然爆速。
 快適だ。快適すぎる。

 さてさて、ネタバレは基本的に無しで、だらだらと感想など。
 一周目クリアがビシィさ……梨深ルートだったのは、けっこう出たとこ勝負でした。
 事前情報を全然入れていなかったので、そもそもどんなルートがあるのかも知らずにプレイして。誰から行ってもいい、誰もかれも楽しみ、と思いつつ、やっぱり最初はメインヒロイン(多分)をおさえてしまおう、と。

 下の画像はクリアリストです。大事な部分はすべて見えないようにしていますが、一応クリア後開放の画面なので、これも見たくない、というかたはご注意。

 音声は基本的にすべて聞き、文章も当然すべて読み込み、たまにバックログを参照したりして、一周クリアに5時間16分。



 プレイ中、ああ、カオヘだなあ……カオヘをプレイしてるんだなあ……不思議だ、なんでまたカオヘをプレイ出来ているんだろう自分? と、夢うつつのように感じることがしばしば。
 つまりそれだけ、前作の空気感のようなものを、完全に踏襲しているのだと思います。
 キャラクターがひとり登場するたびに、ニヨニヨ。NOAHを踏まえた繰り返しや象徴の部分に、ニヨニヨ。相変わらずの2chネタの絶妙さに、ニヨニヨ。ニヨニヨしすぎて、途中で息が上がっていたのは、本当の話。
 梨深の登場時、ものっすごっく久しぶりに「たはは」「ビシィ!」を聞いた瞬間は、倒れそうでした。リアル倒れそう。

 とにかく、お手本のような「ファンディスク」だなあ、というのが、一周クリア時点での感想です。
 前述の通り、キャラクターのイメージを崩すことなく、世界観を乱すこともなく、新奇な価値観を持ち込むこともなく、お祭り的な雰囲気もあり、本編では見られなかったキャラクター同士の会話や絡みを存分に盛り込み、なおかつ、少々突き放した感のあったエンディングをフォローする役割も果たしている、という。

 梨深ルートはことに、blue skyから直接つながるだけに、いろいろと感慨もありました。中盤から終盤にかけて、若干冗長な部分もありましたが、キャラのリアクションを見て笑って流せば良し。
 そして、エンディングで、不覚にもじんわりと。オーディオコンプリートBOXのブックレット掲載の小説を思い出して、さらにしみじみとした気持ちに。

 あえて難癖をつけるなら、想像や妄想で補っていた事柄が(ほぼすべて思った通りではあったのですが)何もかも明らかにされてしまうと、味気ないと感じる部分もあるかな、と。いまどきの若い人(って言葉を使うと本気で年取った気分になるな!)には、これくらい分かりやすいほうが良いのかもですが。
 あと、フォントが若干読みにくいなあと思いました。「梢」が一瞬「蛸」に見えてしま……い……(いやこれは私の目と頭がおかしいだけですが)。それとは別に、エンディングだけ、NOAHと同じフォントにして欲しかったなあと。雰囲気の問題で。

 ともあれ、楽しかったです。楽しいです。この先のプレイも楽しみ。

 :「CHAOS;HEAD」関連リンク集
 :「CHAOS;HEAD」ブログ内記事まとめ
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1009-ff78e6ef
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。