--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.04.01

遅れつつ追いかけ

 お品書き:「宇宙兄弟(9)」「なんじゃもんじゃ(4)(5)」「岩戸石太郎の霊石奇譚(3)」

 いつもの続巻であります。相変わらず追いかけるのが遅れがちであります。モチベーションはだだ下がり中であります。


宇宙兄弟(9):楽天ブックス
 いやあ盛り上がった盛り上がった。ちゃんと「兄弟」というキータームを埋め込んだ決着へと持っていってくれるのが、読んでいて嬉しい&安心感がある。当然、カタルシスもある。
 事態の収束を見て、また通常モードに戻ったら、気が抜けてしまうという副作用もあったけれど、まあしょうがない。それに、普段通りでも、面白いです。

 
なんじゃもんじゃ(4):楽天ブックス
なんじゃもんじゃ(5):楽天ブックス
 4巻のラストの引きは凄かった。そして、肩透かしではなく、さらに状況が進んだ(悪化した)状態で始まる5巻。切なさに、しかしどこかユーモラスな味わいも忘れずに。
 ところでこの作品、読んでいて、佐藤さとるのコロボックルシリーズが思い出されてなりません。カエルへの変装といい、多分にオマージュが含まれているんでしょうね、きっと。ともあれ、次が最終巻らしく。仕上がりは、まとまった良作となってくれそう。


岩戸石太郎の霊石奇譚(3):楽天ブックス
 2巻に引き続き、バトルってます。超バトルってます。いや、これ、こんな作品だったのか……?
 しかし2巻よりもバトル漫画っぽさが板についてきて、少年マンガ的熱血展開としては悪くない出来ではあります。序盤の雰囲気への未練を忘れて読めば、それなりに楽しめます。はい。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1019-fd528493
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。