--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.04.02

とか言いつつ

 お品書き:「進撃の巨人(1)」「働きマン(1)~(4)」「維新のKAGURA(1)」

 それなりに新規開拓とか定番の未読とか、おさえておきたいわけで。見つけたら読むのよね。そんくらいの緩さでいいのよね。


進撃の巨人(1):楽天ブックス
 なにこれこわい。第一話のインパクトが半端ない。というか、第一巻通して、強烈。しかもこんなえげつないヒキ。こういう例えはアレだけど、アフタヌーンの四季賞受賞作品を読んだ時のような印象。プラスして、少年マンガらしい勢いがある、というような。
 絵は拙い部分が目立つし、竜頭蛇尾に終わるんじゃないかという危惧は多分完結まで抱き続けるのだろうけれど、しかし今現在、勢いがあって面白い新人のオリジナル作品、というのは貴重だと思う。


働きマン(1):楽天ブックス
 既刊四冊、読破済。ぐぐっと惹きつけられつつ読んだ。でも、ずっと読むのを躊躇っていた自分の勘の通り、どうにも苦手な部類の作品だった。なにしろ徹頭徹尾、リア充の話だからなー。全体に漂う「計算され尽くした」感と、挿入されるインタビュー風のシーンが、かなり苦痛。いや、面白いんだけど。
 どうでもいいけど、間違って3巻を飛ばして4巻を先に読んだのに、次に4巻だと思って3巻を手に取るまで、気づかなかった。どこからでも読めるということなんだろうな。うん。


維新のKAGURA(1):楽天ブックス
 どう見てもサクラ大戦です本当にありがとうございました。
 ある意味確立された物語構造なので、女子キャラが気に入って、主人公に馴染めるようなら、それなりに楽しめるんじゃないでしょうか。若干エロ要素と媚びが強い気もしますが、そういうのが好きな人も、まあ、世の中多いのだろうし。あと股間。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1020-1c676e32
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。