--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.04.05

いいかげんに

 お品書き:「コンビニ座敷童」「レッド・リン(1)」「王子と放課後」

 少女マンガとくしゅうごうー。
 それはいいから更新滞りをどうにかしろ、と。百万回くらい自分に言い聞かせても、だめなものはだめ。だめにんげんはだめにんげん。


コンビニ座敷童(1):楽天ブックス
 のんびりほのぼの、コンビニを舞台として、人情噺+妄想の余地有りイケメンコンビ+ちょっとぶっ飛んだヒロインという、おいしい布陣。
 コンビニでのビジネスモデルの話とか、それなりに裏を取ってありそうなところに、好感。基本的に登場人物の善性が高い(はた迷惑な言動はあるけれど)ことにも、好感。ほっこりと読める、良品。


レッド・リン(1):楽天ブックス
 梅、ヒロインの異能、過去の因縁、復讐。
 基本的にはサスペンスで、時に超自然的な要素が加わるけれど、味付けの域にとどまっていて、現実に即した部分を壊さない、そのバランスがなかなか。
 しかしこの兄嫁さんが怖すぎて、まともに読めません……。ヒロインも、場面ごとにけっこうフラフラしちゃうので、感情移入してハラハラドキドキするには辛かったり。うーん。


王子と放課後:楽天ブックス
 なんか可愛い感じの少女マンガが読みたかったんよー。しかし、絵はそれなり可愛い(若干不安定ながら)けど、ヒロインがみんないわゆる今時の娘さんで、年寄りにゃ辛かった。
 最初から男キャラに対して、明確な理由を呈示しないままにスキスキビームを出してるのが不思議だけど、これはあれか。少年マンガが努力の過程を描写しなくなったようなものか。とか適当な分析めいたことを言って終わる。おう。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1022-acb1c540
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。