--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.04.20

「ラスト・ピュリファイ」#1

 積みゲーは山ほどあるのに。
 なぜか、こちらのプレイを開始。

さんだーぼると


 ラスト・ピュリファイ。
 きっかけは何だったっけかな、多分、非実在青少年どうのこうのの話題が盛り上がっていた頃に、2chのどこかで、このタイトルを目にして、ちょろっと検索してみて。
 いきなりばばーんと出てくる「自由の意味を問うADV」という文字に若干引いたものの、設定その他だいぶ好みっぽかったので、フリーウェアでもあることだし、とりあえずダウンロード。
 ……で、そのままデスクトップに放置すること一ヶ月。
 アイコンの整理をしていて、ちょっと解凍してみようかな、と。

 起動して、なんか、クオリティの高さにびっくりでした。同人ゲームって殆どやったことが無いので(フリーウェアの短いADVをいくつかプレイした程度)、音楽、演出、立ち絵に背景、そして文章と、すべてが安定した水準で作られていることに、驚き。
 ことに背景。空の一枚絵が、なんだか、単に空なだけなのに、やけに沁みる良い絵。

 そして、私の場合、何よりも一番大切なのが、テキストが合うかどうかということなんですが、これも軽々とクリア。
 キャラクターの言動や描写も過不足なく、ブレは無く、背景世界の設定はちょっと強引に感じなくもないですが、命題を際立たせる為には、これで良いのだろうなあと。

 あと、警戒していた説教くささは、殆ど感じられませんでした。ただ叫びたてるわけでなく、押しつけがましくもなく。
 考えてみたら、これって同人ゲームだし。しかもフリーウェアだし。声高に主張、オッケーオッケーむしろどんどんやってくれ、じゃないか。なぁんだ。

 そのへんは置いといても、ディストピア、学兵、籠城戦、絶望的な戦い、失われた感情の在り処を探す……と、私的に好みのパーツがてんこもり。
 やべえ。これ楽しいんじゃね。

 熱くなりすぎず、醒めすぎもせずに、プレイしていこうと思います。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1039-b0aae499
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。