--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.04.24

アフタ系

 お品書き:「おおきく振りかぶって(14)」「地雷震ディアブロ(1)」「純潔のマリア(1)」

 読みやすいんだけど、胸焼けするの。読みすぎると何かバランス感覚が違ってきちゃうの。そんな気がするアフタヌーン系。


おおきく振りかぶって(14)
 試合終了。いや、面白かった……楽しかった……西広君いいよね……じゃなくて、いやそれはいいんだけれど、雑誌で追いかけていた身としましては、これ二年前の話だよ? っていうのが、しんどかった。アニメ第二期の開始を睨んで、コミックスのペースは上げずに居たんでしょうけれど。
 しかし、考えてみれば、ここから長い長い間、インターバル的な話が続くわけなので、そのへんをさくさくと出してくれるのは、悪くない。のか?
 とりあえず次の巻は早々に出るっぽいし。


地雷震ディアブロ(1):楽天ブックス
 前作は未読。読もうとして、なんだか読みづらくて、投げ出してしまった。しかしこれは独立して読めると聞いて。むしろ別物として考えたほうが良さそうな。
 パンデミックでハードボイルドで、微妙に危険なかほりを漂わせる、かの国についての描写もあったりして、刺激的でございます。しかし内容が内容だけに、一巻だけ読むと、なかなかじりじりとさせられる。
 完結してからまとめ読みしたい……などと、贅沢なことを思ってしまうわけです。それだけ、ハラハラドキドキ、面白いってことですけれども。


純潔のマリア(1):楽天ブックス
 独特のテンポは「もやしもん」と同じく。なんか正体不明だけど可愛い生き物が出てくるのも同じく。背景設定の濃密さ、絵の細やかさも以下略。ただ、現実に人の生き死にが絡む戦争、人の往き方が絡む宗教を題材に取り入れているあたりで、緊張感もあったりして。
 個人的には、すごく読みにくいマンガでした。キャラの見分けもつきにくくて、しんどかった。うん、いや、面白いし、このノリが気に入っている人なら、存分にハマれると思います。私の場合、「もやしもん」も途中で挫折しちゃったからなー。ヘタレですいません。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1044-706e336d
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。