--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.05.01

映画「アリス・イン・ワンダーランド」

 映画の日ゆえ。観てきました本日も。
 しかしさすが1000円デー、ゴールデンウィーク。素敵に混雑。しかもあまり映画館に足を運ばない人が多い感じで、カオスっておりました。
 とりあえず本編が始まっているのに、スクリーンの真ん前を横切るのは、やめていただけるとありがとう助かる。

 アリス・イン・ワンダーランド オフィシャルサイト

 ティム・バートン+ジョニー・デップって、個人的に「スリーピー・ホロウ」とか大好きではありましたが、もうそろそろタッグはいいんじゃないの? と思いつつ、まあ鉄板だろうな、という安心感があって。
 素材がアリスというあたりも。アリスを映像化するなら、ギリアムかバートンってのは、若干思考停止な気がしますが、やっぱり鉄板。

 と思って観にいって(ちなみに2D)まあ楽しかったですが、楽しさの八割くらいはチェシャ猫でした。あとは双子もキモ可愛かった。
 とりあえずチェシャ猫だけですべて許すわー。あと、アリスのサイズが変わるたびに、その場で調達されるドレスにもえもえ。お着替え全般良かった、と言いたいところだけれど、どうせなら最後までドレスで通していただきたかった。ドレスに剣。いいじゃないかいいじゃないか。

 物語については、ぶっちゃけあまり言うことは無いです。収拾のつけかたに、だいぶテンションが下がったのはひみつだ。
 異世界の描写も、物足りず。これについては、3Dで観たほうが楽しめたのかな?
 でもって、わたくし幼少の頃よりアリス二作品とも大好きで図書カードが書き換わるたびに借りていましたが(以下略)ホームズの時のような感動は、若干薄かった……だいぶ薄かった。やっぱり、アリスが19歳というのは、壁です。高い高い壁です。

 うううん。
 まあ、1000円デーに観て良かった。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1050-fdd2ba49
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。