--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.06.07

割とハイペース

 お品書き:「エデン」「川の深さは」「MM9」

 今月もそれなりの速さで読んでいけそう。いけるかしら。いけるといいな。そして面白い本にいっぱい出逢えるといいな。


エデン:楽天ブックス
「サクリファイス」に続けて、読みました。
 あの事件から多少の時間を置いてはいるものの、話はそのまま続いていて、主人公も続投。これ、三部作くらいにしてくれたら嬉しいなあ。
 今回はミステリ要素、不穏さは若干抑え目(深刻な事件は起こるけれど)で、競技そのものの描写に多くページを割いていて、いっそうスポーツものとしての色合いが濃くなっている。
 ライバルが登場したし、信頼するべき仲間も得たし、雰囲気の重さ、緊張感を除けば、とても王道的な作品かも。いずれにせよ、面白かった。


川の深さは:楽天ブックス
 なるほど、これの次に「TwelveY.O.」を投稿したわけか。そりゃ大沢在昌も頭を抱えるだろうなあ。というか、むしろ何故、この作品で乱歩賞が取れなかったのかと。ライバルが強力すぎたのかしら。
 とりあえず、「TwelveY.O.」以上、「亡国のイージス」未満という、読む前に各種レビュー等を見て予想していた通りの作品でありました。以下ではなく未満。これはこれで、ラストシーンの余韻や、東京の街を舞台とした展開に、別の味わいがあるので。
 しかし2chにあったこのレスがあまりにも的確すぎる。

 16 名前:名無しは無慈悲な夜の女王[sage] 投稿日:2005/05/24(火) 22:33:33
  川……くたびれたオヤジとヒイロもどき
  12……くたびれたオヤジと綾波娘とヒイロもどき
  盾……くたびれかかったオヤジとヒイロもどき

 で、「亡国のイージス」に至って、間にヒロインを挟む必要なんてなかったんやー! と開き直ったことには(勝手に決めつけ)拍手喝采なのであります。いや個人的な萌えは置いとくとしても、より研ぎ澄まされた関係が演出されるようになっていたし。そして一作ごとにエピローグでの距離が近づいているのも面白い。


MM9:楽天ブックス
 久しぶりに読む山本弘。ドラマ化なんですって?
 これを真面目にドラマ化したら、そりゃ面白いだろうなあ。文章にすると、書かれている通りに「地味な仕事」に見えるけれど、映像で見せられたら地味どころじゃないだろうし。
 それにつけても、二話目でいきなり全裸の少女型怪獣が出てきたところで「ああ、山本弘だなあ……」と感慨に耽ってしまったことよ。心はいつも(略)ですね分かりますん。
 さておき、面白かったです。連作短編集になっていることで、読みやすさ、取っつきやすさがあり、かつ全体を通す一本のラインもあるという、優等生的な構成。ただ、個々のエピソードの密度に比して、登場人物の描写が若干食い足りなかったような。普通の長編で読みたいなあと。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1088-63fd0691
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。