2010.06.14

今月ももりもりと

 お品書き:「薔薇を拒む」「鉄の骨」「妖精の女王」

 読むよ。面白い本。面白そうな本。でも、出来るだけ、確実に面白い本に当たりたいものだなあ……などと思ってみる。


薔薇を拒む:楽天ブックス
 と、まあ。「サクリファイス」「エデン」と面白かったので、最新刊のこれも読んでみました。期待通り、面白かった。翳のある雰囲気、鄙びた田園に建つ館、閉じられた人々。孤児であることのみならぬ、主人公の背負ったものの重さ。
 そして辿り着く結末は、やりきれなさを多分にはらみながら、心にすとんと降りてくる。それはきっと、この物語が迎えるべき結末を、きちんと迎えたから。
 個人的には気に入りました、この本。ただし、冒頭を読んだだけで分かるとおり、後味は決して爽やかなものではないし、全体に雰囲気が重いので、読む時は注意が必要。かも。


鉄の骨:楽天ブックス
 ドラマ化の前に読んでおく。でもドラマを観ると決めているわけでもない、いつものパターンで。池井戸潤の毎度の、カタルシス、勧善懲悪、真っ直ぐな主人公に、安心して身を任せて読めました。ただ、帯の惹句を見て最初に思ったものとはだいぶ方向性が違っていたので要注意。
 ヒロインというか、主人公の恋人役の登場シーンが、ちょっと鬱陶しかったかな。どこで好感を持っていいのか分からない女性だったので。未熟さ、若さ、そのへんが初々しいといえばそうかもしれないけど。


妖精の女王:楽天ブックス
 現代の女の子が妖精王に見初められるよ! でも女の子にはもうカレシが居るよ!
 ファンタジーというよりは、三角関係含むラブロマンスの方に重きがあります。しかもヒロインが本当に現代っ子で、何というか日本で言うとケータイ小説のヒロインみたいな子で、感情移入しにくくて参った。逆に言えばそこが個性になっていて、美点なのかもしれないけれど。個人的には、サマーキングの昔の女であるドニアさんの方が好感度が高かった。
 そして、ファンタジー+ロマンス小説としては、メリングのケルトシリーズの方が好みかなと思いましたです。はい。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1094-91403696
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する