--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.06.19

だらだら続刊

 お品書き:「神のみぞ知るセカイ(9)」「弱虫ペダル(12)」「ぽっかぽか(11)」

 毛色いろいろ。読み味いろいろ。


神のみぞ知るセカイ(9):楽天ブックス
 表紙が……うーんうーん。中身は確かにそうなんだけど、うーんうーん。けっこうがっかり。だいぶがっかり。しかし本編はたいへん楽しかったです。七香かわいいよ七香。もしゃもしゃ頭と涙目。かなりツボ。やっぱり攻略女子がツボに入ると読んでいて楽しさが違う。
 結編の方は、正直入れ替わりネタとかどうなのよと思って読んでいたらば。女体化して、乙女ゲーにハマるとか、なんという斜め上。しかもその描写の倒錯っぷりは、そこらの作品に出来る倒錯っぷりじゃない、このマンガだからこその倒錯っぷりで(倒錯倒錯うるさいよ!)そこが大変良かったのでした。ハイ。
 そしておまけページのエルシィが残念な子全開で、素晴らしかった。感動した。


弱虫ペダル(12):楽天ブックス
 こうして読んでいると、ロードレースってチーム戦なのに個々にきっちりと見せ場が回ってくるスポーツで、マンガ向きなのかなぁとか思ったり。ついでに、「サクリファイス」「エデン」を読んだおかげで、いろいろと自分内で補完できる部分、できた部分もあって、面白さ三割増し。
 しかし主人公の影の薄さをもうちょっとなんとか。お願いします。


ぽっかぽか(11):楽天ブックス
 こっそり文庫で揃えているのであります。深見じゅん作品では、やっぱりこのシリーズが一番好きだわ。ワタクシからは縁遠い世界ではありますが。こういう心持ち、心ばえで、生きていけたらいいのにね。誰でも。
 しかし人死にとか、あまり暗いというか非日常的な事件が入ってくると、ちょっと読んでいてしんどい。どこからどう手に取っても、良い意味で安心して読める作品でいて欲しいです。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1102-80c9ba74
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。