--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.07.01

崩し読み

 お品書き:「幸福な食卓」「星町の物語」「私の家では何も起こらない」

 7月最初の日から読書メモ。やるぜおれはやるぜおれはやるぜ。たぶん。


幸福な食卓:楽天ブックス
 瀬尾まいこの中でも定番的な作品なので、あえて後に残しておいたのを、手に取り。
 冒頭の「父さんは、父さんをやめる」という宣言による一撃を除くと、個々のエピソードや道具立ては、実は割と新味の無いもの(実際、要素だけを取り出したら、似たような小説やらヤングアダルト作品やらはそこらに山ほど転がっていると思う)なのだけれど、穏やかに綴る筆致がとにかく気持ち良い。情緒に流されすぎず、乾きを感じることもない、絶妙の湿度。
 後半の展開にしても、こういうエピソードを山場に持ってきておいて、安っぽさ、いやらしさが感じられないのは、稀有なこと。物語の着地のずらしかたも、個人的にはしみじみと良かった。


星町の物語:楽天ブックス
 あとがきを読んで、初めて気がつく。ああ、だから星町なのか、と。
 小さな星町(市町村の町じゃなく、ご町内の町なんだな多分)を舞台とした、ショートショート集。つながりはただ、固定されたひとつの町に住む人の物語である、ということだけ。
 冒頭に掲げられた町内地図(兼・目次)とか、丁目で区切られた章立てとか、とにかく隅々まで気を配った、楽しい一冊。ショートショートとしては、どんでん返しよりもしっとりとした雰囲気、悪戯心が軸となったものが多いので、ベッドに身体を預けて、あるいはかたわらにお茶を置いて、ほんのりと楽しみたい本であります。


私の家では何も起こらない:楽天ブックス
 恩田陸のホラー短編集。
 一軒の「家」を舞台としたオムニバス形式で、最終的にはひとつの命題へとまとまる、という綺麗なカタチ。
 正直、個々の短編については、割と普通だなあと思いながら流し読みしてしまったのだけれど、まとめとなる部分についてはきっちり怖気を持って迫ってくれて、しかも読み手をも追い込む。読了しても逃げ場が無い、というのはなんとも秀逸でした。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1112-1f7c2bbd
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。