--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.07.18

毎月のリプレイ

 お品書き:「アリアンロッド・サガ・リプレイ・アクロス(4)」「ダブルクロスThe 3rd Editionリプレイ・ジェネシス(4)」

 でも来月はドラゴンブックのリプレイは発売予定が無いっぽい? 最近はずっと何かしら有ったので、淋しいのう。


アリアンロッド・サガ・リプレイ・アクロス(4):楽天ブックス
 挿し絵の変更は、本当に残念。決して悪くない、悪くは無いんだけれど、シリーズ途中で微妙にイメージの変化が生じるのが辛い。男性キャラは総じて良い感じですが(ユンガーはデザインを踏襲しつつもここまでイメージが変わるものかと吹いたけれど、ツヴァイ・ダインは少年マンガらしさが増して良)女性キャラがたゆんすぎて……エルザの衣装、前巻までの清楚可憐+絶対領域という神々しさが失われてしまったのが何よりショックですよ!
 本編の方は、またしても時代が飛んで、とうとう無印初期に追いつくことに。時を経て、離れて活動していた仲間が集合するというシチュエーションは、楽しいものです。しかも息の合った立ち回りを強調してくれたりなんかして、尚更おいしいおいしい。
 ツヴァイがどんどん主人公していって、すると当然の如く酷い目に遭うわけで、そのへんもおいしゅうございます。ラストの展開、引きは、純粋にこの後どうなるんだろうと気になるし。次が最終巻だと聞いたのですが、本当でしょうか。サガでは実はアクロスが一番好きだったりするので、淋しいですわ。


ダブルクロスThe 3rd Editionリプレイ・ジェネシス(4):楽天ブックス
 完結。最終巻になって、ストーリーはあやめとコウを中心としたものに立ち返り。おさまるべきところにすべて収まり、落ち着くべきところに落ち着く決着でした。もっと因縁を膨らませて、あるいは解消して欲しいキャラクター達が、一瞬で退場してしまったのはちょっと勿体無かったけれど、スピード感を増していたから結果オーライだろうか。
 全体に「ダブルクロス・リプレイ・ジェネシス」というより「ダブルクロス・リプレイ・ジャスティス」な印象の強いリプレイでございました。メインストーリーは王道で、王道すぎて、若干醒めた気持ちで読んでしまいましたが。版上げ後の教科書的リプレイとしては、正解かと。アクの強いリプレイは、デザイアにお任せということで。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1129-51dd95cc
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。