--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.07.27

BD【ブレイクブレイド 第一章 覚醒ノ刻】

 無事に届いております。
 見倒しております。


劇場版 ブレイクブレイド 第一章 覚醒ノ刻【Blu-ray Disc Video】:楽天ブックス

 初回限定版はいろいろとお得。中でもやっぱり、サントラCDつきが嬉しい。七曲入りで、単品でもそれなりに聴き応えがありました。
 次巻でもサントラCDがつきますが、普通に出す気はないのかしら。どうなのかしら。
 ちなみに楽天ブックスで購入しましたが、オリジナル特典のアナザージャケットは、ぶっちゃけダメダメです。ぺらい紙一枚です。
 いいんだ。ポイントと価格の兼ね合いを考えると、楽天ブックスが一番お手頃だから、いいんだ……。

 本編は、思ったよりもさらにゆっくりな展開で、少々びっくり。第二章と同じく、本当にさりげないオリジナルのシーンが挿入されていることにも、びっくり。どちらもアテネスというかゼスの部隊の描写を深くするものだったあたりが、ちょっと興味深い。
 ともあれ導入なので、しっかりじっくりと設定を説明しているのは、この先の物語に加速をつける為には良かったんじゃないかなと思います。徐々に馴染んでいこうと思える。馴染んでいけると思わせてくれる。

 作りはとにかくどこもかしこも丁寧。
 人物の芝居、光と風の描写、異なる科学で築かれた異なる文明。
 個人的に、殊に気に入ったのは背景です。美しさに本気で見惚れてしまう出来。原作と同じく、空が広い。星空が深い。さすが、良く分かってるなあ。

 ゴゥレムの戦闘は、絵的に本気で地味なんですが、きっちりした設定を下敷きに、丹念な描写を積み重ねてあるので、見ていて退屈することは決して無い。
 国による、機体による動きの違いや、火薬で誤魔化せないがゆえに着弾まできっちりと描かれた銃撃、説得力に途方もない力を与える音響のこだわり。

 コメンタリによると、戦闘等の派手な音のみならず、キャラクター同士の会話のシーンについても、場所や状況によって効果を変えてあるとのこと。
 そこまでやって何パーセントの人が気づくんだよ、と思われる向きもあるでしょうが、別に薀蓄や自己満足のためではなく、細部にまで行き届いたこだわりがあってこそ、物語はフィクションとしての力を増すのであって。
 そのへんを良く分かってやっている仕事なんだろうな。と思います。

 とりあえず、ひとつだけ言うとしたら、正座してヘッドフォン装着で視聴するべし。ということ。
 じっくりと画面や音を追うだけ、深読みをすればするだけ、応えてくれる作品に仕上がっています。はい。

 映画館で観るのが、やっぱり一番良いんだろうけどね。
 第三章が今から楽しみでしょーがない。その前に第二章のBD&DVD発売がありますけれども。
 いずれにせよ楽しみでしょーがない。うむ。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1139-3a2fceb2
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。