--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.07.31

7月の総括

 7月の総括です。

 小説その他は18冊。
 あれっ意外と読んでいたんだな。なんだか読みたい本、読むべき本が目の前に山積していて、歯がゆくて歯がゆくてしょうがない気持ちばかりが先に立っておりましたが。
 わりと重い、というより読むのに時間のかかる本があったので(ファーシーアとか実はかなり時間がかかった。嬉しい楽しい至福の時間だけど)なかなか読了数が積めない、という印象もあり。
 SFやらファンタジーやらの比率を上げて、やっぱり私はこっちが好きなんだ。と再確認した月でした。ミステリもそりゃ好きなんだけど、ある種の閉塞感があって。いやそう思うのは個人の資質というか、要は好みの問題なんだろうけど。
 架空世界は、喪われた自由をくれる。永遠に届かない世界をくれる。
 そう信じさせてくれる。

 コミックは40冊。
 あれっ意外と(以下略)まあ、二冊、三冊というまとめ読みがそれなりにあったし、ブレイクブレイド八冊読みもあったし。
 しかし、小説はファーシーアに魂飛ばしていたのと並行して、コミックはブレブレに魂抜かれていました。そんな日々もあるさ。幸せさ。生きるのが辛いという生きる希望なのさ。ねえ。

 今月の一押し。

 
真実の帰還(上):楽天ブックス
真実の帰環(下):楽天ブックス
 読書メモはこちら
 先月と同じシリーズですいませんすいません。でもダメだ、他の本を選べなかった。次点だと瀬尾まいこ「幸福な食卓」だけど、瀬尾まいこも前に一押しにしていたと思うし、いいじゃないかもう! と開き直りました。
 完結巻にして、最大の魅力を持つ。狼ナイトアイズとの絆と、道化との友情が、極上のスパイス。個人的には上巻序盤の「狼」から「人間」に戻っていく過程の描写が死ぬほど面白くてのたうちまわりましたわ……ってほら、また語りだしてしまう!


ブレイクブレイド(1):楽天ブックス
 読書メモはこちら
 一巻だけより、二巻も同時に読むのをおすすめ。むしろ全巻読みをおすすめ。いやそれはそれとして、二巻まで読むと、作劇の容赦の無さに気づけると思うので。そして違える道の無常さをも。

 8月の目標は、小説等が20冊、コミックも20冊。
 ちょっとコミックの比率を下げようと思います。まあ20冊くらいなら、続巻をだらだら読んでいるだけでも行っちゃうかなあと。
 夏は読書の季節。たぶん。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1142-42a9ca7f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。