--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.08.08

「うたの☆プリンスさまっ♪」#1

 タイトルもお素敵ですが、ジャンル名「キスよりすごい音楽って本当にあるんだよADV」って、いっそひとおもいに(略)というキモチになります。


 さっくりと一周クリア。面白かったです。
 ぶっちゃけ設定的にもキャラ的にも全然惹かれるものは無いんですが、なんつーか、序盤のふざけたノリ(若本を持ってくる時点で)、ミニゲームの楽しさ、登場人物が攻略対象もサブキャラもみな良い雰囲気であることとか、なんとなくプレイしていて「居心地の良い」世界であります。

 ヒロインがずれた方向に天然で、周りのキャラに突っ込まれるのがけっこうツボでした。なんとなく桑田乃梨子のマンガに出てくる女の子っぽい、と思ったり。
 ただ、地の文で、ときどきナレーション口調で場面を収拾するのは、なんつうか……オタクのセルフツッコミのようというか……微妙な違和感が。基本は天然ズレ子ながら真面目に頑張る子ちゃんなので、これは無いほうがプレイヤー的に愛着が持てたんじゃないかな。好みの問題かもしれませんが。

 ミニゲームの音ゲーは妙に楽しかった。基本はタイミングにあわせてボタンを押していく、そこらの音ゲーの簡易版のノリなんだけど、譜面(ボタンの配分やタイミング)の作り方が、それなりにちゃんと気持ち良く出来ているんじゃないかしら。
 しかしクリア後、ハードでプレイしてみたら、死ぬかと思った。ハードすぎるだろゴルァー! というかイージーとハードがあってノーマルが無いのは何故ですかノーマルでプレイしたいです先生。
 ところで同じくミニゲームの筆記テストは意外と面倒くさそうな気が。音楽に興味ゼロの人だと、真面目に用語集を見てお勉強しないと、何度もリトライが必要になるかも。

 一周目は一十木音也クリアでした。ED三種、済み。
 しかしこの名前、名字が終盤までまともに読めなかった。音声をきちんと聞いていれば覚えたのかもしれんですが、どうしても台詞後半を飛ばし気味になっちゃう。

 で、お話はとっても王道。爽やか。
 明かされた真相はシリアスなはずなのに、このキャラ配置だと、なんだか真面目に感動とかする気になれない。いや、いい意味で? 多分? 疑問符は気のせい?
 音也があまりにも爽やか君で、時に眩暈がしていたのはひみつだ。最後なんて、ねえ。
 大恋愛EDは、その名に違わず、甘々でした。しかし両手に花状態の友情EDの方が好みだったりするのは、ワタクシが乙女ゲーをやるには枯れてしまってせいなのかそうなのか。キャラの好みの問題という気はしますが。

 とりあえず次、いってみよー。


【数量限定特価】うたの☆プリンスさまっ♪通常版:楽天ブックス
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1150-a62886a3
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。