--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.08.18

「軒猿」

   
軒猿(1):楽天ブックス 軒猿(2):楽天ブックス
軒猿(3):楽天ブックス 軒猿(4):楽天ブックス

 既刊のまとめ買いは、いつだって胸熱。
 以前「おおかみかくし」を読んだ時に、この作者がちょいと気になっていたのですが。しばしの逡巡期間を経て、思い切ってえいやっと購入。

 大当たり。
 ツボクリーンヒットありがとうございますありがとうございます。

 絵。「おおかみかくし」では、時に微妙な印象を受けていた絵は、実はタイアップということで絵柄を合わせたが為に、無理が生じていたのかな、と。
 より手の込んだ絵を必要とする時代ものなのに、きっちりと描き込んで誤魔化すことなく、なおかつ分かりやすい。戦闘シーン、はたまた合戦シーンにおいて、絵が「分かりやすい」というのは、美徳だと思うのですよ。アクションシーンで、何が起こっているかがぱっと見で分からないマンガって……ありますよね。昨今。けっこういろいろと。あれは辛い。

 絵込みで登場人物の造形は、女性キャラは魅力的、主人公少年の旭はショタ可愛い(えっ)、そしてなによりおっさんキャラが死ぬほど格好良い。
 景虎こと上杉謙信(4巻表紙)も武田信玄(この人をこういう絵にしているのは凄い)も、味がありすぎインパクトありすぎ。登場時にふんどし一丁だった景虎さん、ナイスガイすぎです。武田信玄さん、目がつぶらで愛らしすぎ(でも怖い)。
 軒猿の棟梁である一千(2巻表紙)がまた、渋ヘタレでいいんだなあああ。回想シーンの子ども時代も、三白眼かわいい。

 話は、まずは主人公の「耳疾し」という能力(僅かな音でも聞きつけ、聞き分ける)でもって興味を惹き、そこから軒猿(忍者)を目指していくという展開。
 一巻の時点では、戦場における残虐性、隠密に必要とされる冷酷さと、生来の優しさとの相克に悩むという、まずは必要な階梯をひとつ。
 しかしだらだらとそれを引っ張りはせず。
 基本は戦国の世の隠密としての戦いであります。「強くなる」という命題を芯として、精神的にも身体的にも痛い描写を沢山重ねつつ、成長していく旭。物語開始当初から命題がきっちり定まっているので、人物造形にブレが無く、読んでいて気持ち良い。真っ直ぐで一生懸命で努力家な主人公は、やっぱり良いものです。
 取りまくのは、戦国の権謀術数。戦国時代絵巻として、純粋に楽しんでいける作品でもある……と思います。
 いやあ面白い。面白かった。おすすめであります。で、手を出すのであれば、出来れば二巻までは一気に読んで欲しい。

 注意点はふたつ。

 ひとつめ。
 痛い場面、痛い描写が容赦ないです。絵が綺麗なので、目を背けるというほどではないけれど、駄目な人には駄目かも。首チョンパとか臓物ぶちまけとか、拷問とか虐殺とか暴行とか、普通にぞこぞこ出てきます。むしろ……ひょっとしたら、売りなんじゃないかな……? と、邪推。受傷シーン充実ゆえに、そういう属性がある人には辛抱たまらんだろうとも思うわけで。いや私がそうなんですがね!

 ふたつめ。
 掲載誌(月刊ヤングジャンプ)休刊に伴い、第一部完となりました。第一部最終の5巻は、20ページ描きおろし入りで、10月発売予定だそうです。なんだか「LOBOS」を思い出すなあ。なんだかねえ。しかし作者のブログでの発言を見るに、続きを「いつか」「どこかで」世に出そう、という意思は持っていらっしゃる様子。なので、承知の上で待てるなら、あるいは第一部完でもそれなりにケリをつけてくれているならOK、という人であれば。

 いつか本当に、第二部が始まってくれたらいいなあ。まだまだ描き足りない、描き切れていないものが、たくさんありそう。そして、まだまだ読み足りない、味わい足りない。
 とりあえず既刊を読み返しながら、あるいは「おおかみかくし」を読みながら、5巻の発売を待ちます。テンションあげあげ。あがったまま帰れなくなっているワタクシ。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1160-39fd519b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
はじめまして。同じくテンションあがったまま帰ってこれないでいる者ですm(_ _)m
「軒猿」のキャラって、好いですよねぇ。作中年齢30歳以上がカッコいいって、スバラシイです。
物語としてもできがいいと思うのですが、第1部完…(涙)。
5巻がでる頃には第2部の見通しが立っていますようにと、祈らずにはいられません。
Posted by 靉霧(あいむ) at 2010.08.23 22:36 | 編集
いらっしゃいまし。コメントありがとうございます。
ブログ拍手もありがとうでした!しっかり拝見いたしました。

軒猿はほんとにキャラがみんな格好良いですよねぇ。
北条氏康とかも、素敵にごつくて渋くて、惚れ惚れします。
それでいて女性キャラもちゃんとやわらかそうで(何がだ……)綺麗で。つまり、みな魅力的。
ここずっと毎日、手に届く場所にコミックスを置きっぱなしで、朝な夕な眺めています、ハイ。

第二部は本当に切望しておりますが、とりあえずは気長に待とうかなあと。
いつの日にか、帰って来てくれれば……切ないですが。
その前に5巻描き下ろしがありますし!
Posted by ちき at 2010.08.24 00:16 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。