--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.09.03

「うたの☆プリンスさまっ♪」#6

 Sクラス最後のひとり、一ノ瀬トキヤ、クリアでございます。

 最後に取っておきました。
 なぜって、えーと……キャラの構成要素とかは別にすごく好みというわけでもないんですが、HAYATOとの関連性がオイシソウだなと思ったのと、声優さん。えーとえーと……別にすごくファンというわけでもないんですが、演技の確かさとノリの良さは折り紙つきだろうなと思ったので。
 ……なんかこう、煮え切らない文章ですいません。素直に好み! とかファンです! とか書いとけばいいのにね。でも何か違うんだ。いや好みだしファンだけど。
 よくわからないね!

 ともあれ、期待通り。HAYATOの出番がけっこうあったので、にんまり。
 わたくしゲームにおけるテキストは、基本的に瞬間表示にしているので、序盤を過ぎるとだんだん音声は飛ばしてしまうようになりがちです。
 ゲームは、待たなくてもいいから。プレイヤーが決められるから。飛ばそうと思えば、飛ばし放題。
 そのへんをきちんと意識して、飽きないように演技の緩急をつけてくれていると、ちゃんと聞きたくなる。音声が飛ばせなくなる。困る。けど嬉しい。楽しい。

 しかしHAYATOいいキャラだよな……。イッチーとセットで、ぐんと深まる存在感。

 ストーリーは、正統派だなあという。アイドルという存在、作曲家という存在、その関係性をしっかりと生かした筋立てで、まっとうに楽しめました。
 他のキャラと比べても「歌」へのこだわりが強く、途中のイベントで、パートナーへの独占欲ではなく「歌」そのものを取られることを危惧する感を前面に出しているのが、だいぶ好みでありました。

 あと、大事な一因として、文章による賞賛にそれなりに応えうる歌唱であったことが、エンディングの感動を深めているんじゃないかな、と。

 メイン全員クリアで、やれやれです。
 って隠しキャラですかそうですか……ええ、やりますよ。やってやろうじゃないの?
 もうちょっとだけ続くんじゃよ。な気持ちであります。頑張るよう。


【数量限定特価】うたの☆プリンスさまっ♪通常版:楽天ブックス
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1176-cb911e4e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。