--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.09.04

満足できれば

 お品書き:「小さいおうち」「ねむりねずみ」「PLAY」

 心穏やかに置ける本はいい。
 心躍らせて置ける本もいい。
 まあ、つまりは、感ずるところがあれば。


小さいおうち:楽天ブックス
 直木賞受賞作。これは文句無しだなあ。実に面白かった。
 題材としては、だいぶ地味です。戦争へと向かう時代に、女中として過ごした主人公の回想記。基本的に淡々と書き綴られる、当時の世相、庶民の暮らし、思い、といったもの。しかし戦争ものにありがちな、暗く落とす影といったものは、語り口の優しさと、市井の人々の感覚に包まれて、読んでいてしんどい辛い気持ちになることはないのが、いい。いいんだよ。そういうのが、いいんだよ。
 物語の芯にあるのは、いろいろな女性の、いろいろな形の淡い想い。それも押し付けがましくなく、過度に装飾されることもなく。
 最後に置かれたサプライズがまた、切なく、しかし沁みる。良い作品でした。賞を取れたことが不思議なくらい、本当に本気で地味な作品ですが。


ねむりねずみ:楽天ブックス
 歌舞伎は全然知らないので、おっかなびっくり読みましたが、薀蓄を垂れ流されたりすることもなく、説明は過不足なく、普通にすらすらと読めました。
 そして根幹はいつもの近藤史恵らしく、どこかしら翳のある恋愛要素を絡めたミステリ。複数の人物による一人称はあまり好みじゃないですが、小菊は良いキャラだと思いましたです。探偵のキャラクターも味があって良い感じ。と思ったらシリーズものだということで、楽しみ増し増し。


PLAY:楽天ブックス
 山口雅也、初読であります。純然たるミステリではなく、ファンタスティックな要素の強いものから入ってしまったのは、いかんかったかしら?
 でも、面白かった。「遊び」をテーマとした四つの短編を収録。怪異譚に徹している作品もあれば、どんでん返しの鮮やかなミステリもあり。全体を覆う雰囲気は、明らかにホラーのものですが、基本的に理詰めのミステリ的な作品郡のため、怖がりのわたくしでもなんとか読めました。今度はミステリ寄りのものを読んでみよう。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1177-c795d87a
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。