--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.09.12

「うたの☆プリンスさまっ♪」#7

 最後のひとり、隠し(?)キャラクリア。
 一応、ネタバレしない範囲で。

 いや、誰か、止めろよ……。
 おかしいだろこれ! 何なんだよ!
 面白かったけど!

 オールスターキャストのお話でファイナルルートというのは悪くない、とは思うんですが(攻略キャラ全員と再度お付き合い開始、という感じで、やけに新鮮で面白かった)いくら何でも飛ばしすぎ……。
 実はルート突入前にちらっと、これこれこういう感じの展開なんだよという書き込みを見てはいたのですが、ぶっちゃけ半信半疑でございました。そうしたら、ねぇ。
 予備知識ゼロでこのルートをプレイしたら、脳味噌沸騰状態になっていたであろうなぁ。たぶんきっと。

 ま、とりあえず、面白かったことは面白かったです。「オカシイ」という意味でだが!
 このルートでの攻略キャラよりも、今までの攻略キャラを、別の意味で攻略していく各章が楽しかった。あほらしいながらちゃんと「そのキャラをクリアして、設定や物語を知っている」ことが前提となっているあたり、意外に(失礼)誠実な作り込み方。さっちゃんや薫にまた会えたのも嬉しかった。先生たちもまるきり逆のベクトルながらそれぞれ見せ場があったし。
 欲を言えば、後半は全員がだいぶ空気になってしまうので、もういっちょ見せ場が欲しかった気がします。ヒロインの一人称視点ゆえ、難しいかもしれませんが。

 これで全員クリアであります。

 全体を通して、楽しゅうございました。
 ボケとツッコミをはっきりさせて、サブキャラに至るまで心配りのされたキャラ立てをしていること。
 若干イロモノ要素を取り入れてあったり、音ゲー部分がしっかり作られていたりで、ワンアンドオンリーかつ「ゲームらしいゲーム」として破綻なくまとまっていること。
 攻略キャラごとに(一部共通したイベントや、最終目標は同じであっても)異なった物語展開と異なった雰囲気で、飽かずプレイ出来ること。

 クリア後のキャストのコメントで、とにかくスタッフが丁寧に愛を込めて作ったゲームだ、と力説している人が複数居たのが印象深いです。

 よいゲームでした。

 ファンディスクの発売予定もあるんですって。シャイニーが攻略出来るんですって。
 今後に楽しみを残しているのは、いいやね。うん。
 いっそアニメ化しないかな。


【数量限定特価】うたの☆プリンスさまっ♪通常版:楽天ブックス
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1185-b3b4c22e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。