--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.10.06

手探りしつつ

 お品書き:「水の森(1)」「ポテン生活(1)(2)」「モンタージュ(1)」

 初めましての作品、初めましての作者。


水の森(1):楽天ブックス
 ジャンヌ・ダルクが平和な現代で、女子高生になって人生やり直し。物凄く暗い境遇に置かれて絶望しまくっちゃったジャンヌが、現代の呑気で平和で性善な人々に出会って少しずつ癒されていくという、基本はイイ話系。多分。とりあえず1巻時点では。
 ただ、神様(の代弁者?)が、ギャグなのかホラーなのか分からない行動に出るのがちょっといやぁな感じでした。作品全体のトーンが、一冊読んでまだ掴めないというか腑に落ちない部分があるというか。
 ジャンヌが、いい人たちが、ちゃんと報われるといいなあ。

 
ポテン生活(1):楽天ブックス
ポテン生活(2):楽天ブックス
 職場で人に薦められて。4コマから8コマの、ゆるゆるほのぼの系あるある(……のか?)ネタもの。基本的にストーリー性は無しで。
 ゆるぅ~と読むには悪くない感じでありました。電車の中で読みつつ、うとうとするとか。そういう風景に合いそうであります。もっとも適しているのは、やはり、雑誌の片隅にあって、ほっと箸休めに……という読み方なんだろうなあと。


モンタージュ(1):楽天ブックス
 特に予備知識なく。この作者の作品を読むのは初めてです、そういえば。
 3億円事件の犯人(か、どうか、判然としない部分もあるけれど)の息子が主人公という、ありそうでなさそうなお話。サスペンスとしての引きはだいぶ強くて、ハラハラドキドキしつつ読めます。が、主人公が無感動系、且つ、手に入るものなら3億円手に入れたいとか考えてる子なので、どうも読んでいて感情移入は出来ず。
 個人的に、感情移入できない物語で、ハラハラドキドキ心臓を痛くするのは、あまり好みじゃないのよね。ちょっとしんどかった。顔芸も気持ち悪いし。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1210-7dfd02fa
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。