--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.10.21

映画「2001年宇宙の旅 」

 以前に書いたとおり、ユナイテッドシネマとしまえんでの名作リバイバル上映。
 取りあえずこれだけは観ておきたい、と思った「2001年宇宙の旅」、行って来ました。

 この映画、とにかく難解というか、初見で全部理解されたら負けってことらしく。
 テレビ放映で何度か目にした気はするんですが、序盤の類人猿のパートで挫折した記憶しかない……。
 一度きっちりと観ておきたかったのと、それには映画館で観るほうが、無理矢理シートに座らされる分、集中できるだろうなと思い。
 当然、映画館で観るべき映像であろうということも含めて。
 ちなみにデジタルリミックス・サウンドバージョンだそうです。

 とりあえず観ました。観た。疲れた……。
 面白かったことは面白かったです。うっかり月面基地のあたりで眠くなったりしましたが、ディスカバリー号に移ってからは、しっかり集中。
 HAL可愛いよHAL。HAL怖いよHAL。
 フィルムの劣化がそれなりに激しかったりもしましたが、映像美も堪能致しました。美しいなあ宇宙。いいなあ宇宙。行きたいなあ宇宙。

 しかし確かに、理解しようと思って観たらダメな映画だな。私の場合、小説のほうを読んだことがあったので(あったはず……多分、あった。読書メモを見直しても見つからないんだけど、ストーリーラインはしっかり記憶にあるから、もっと昔に読んでるのか?)ある程度ついていけましたが、とにかく不親切極まりない。
 そういうものと知ってor割り切っていなかったら、卓袱台引っくり返しレベルだよねー。

 まあ、そのへん全てひっくるめて、映画館で観る機会があって良かったなあ。と思いました。
 意外と観客も入っていたし。みな食い入るように観ておりましたよ。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1225-4a4cae8d
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。