--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.11.01

コミック漬け

 お品書き:「王狩(1)」「つらつらわらじ(1)」「リンドバーグ(1)」

 コミック一巻をいろいろと。一日らしく。


王狩(1):楽天ブックス
 将棋コミックは名作が多々あるので、切り口が大事。で、この作品の場合、ヒロインに直観像記憶の能力を持たせてみました、という。しかしその能力が、将棋において必ずしも有利には働かない、もどかしさが面白い。
 能力のみならず、性格にも若干の癖があるヒロイン。でもって、ヒロインを取り巻く少年が3人。いいかんじにばらけたキャラクター性で、揃えております。この人間関係を眺めるだけでも楽しゅうございます。


つらつらわらじ(1):楽天ブックス
 鉄板。安定、安心の一冊であります。今回はデフォルメキャラで、和もの。参勤交代が題材というだけで面白すぎる。少しずつ焦点を当て、焦点をずらして、描かれていく群像劇。とりあえず、まあ、殿かわいいよ殿。
 ぶっちゃけると、オノ・ナツメ氏の作品は個人的にはあんまり好みじゃないんですが(作品としての質の高さに感じ入るのとはまた別の問題)デフォルメ等身だと普通に楽しんで読める。なんだろうね。


リンドバーグ(1):楽天ブックス
 ちょっと気になっていた作者。しかし素直に気になった作品の方を買えば良かったかな。
 飛行機で、竜で、ファンタジー。閉じ込められた小さい世界から冒険の旅へと飛び出す少年、相方の竜。とまあ、呆れるほど王道な道具立て。ぶっちゃけ絵の魅力が九割。話については1巻時点ではどうにも判断がつきかねる状態。展開が遅めなのと、主人公の立場がしんどくて感情移入以前に読むのが辛いのが。こういう作品こそ2巻同時発売にしていただきたいものですよ。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1237-37fae7cd
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。