--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.11.07

映画「十三人の刺客」

 行こう行こうと思っているうちに、上映館が減り、上映回数が減り。平日の夜の回が、無くなり……。
 自分を追い込むために、ネットでチケット予約。これ大事。溜めたポイントを使用して、日曜の午後、優雅に(?)無料で鑑賞としゃれ込みましてよ。

 :映画「十三人の刺客」公式サイト

 邦画は本当に行かない&ドラマも滅多に観ないので、スタッフや役者の誰か目当てというわけでもなく。映画館での告知と、TVCM(なんかのアニメの時間帯に流れてた)で、ちょっと気になりまして。
 さらに、この田中天氏によるあらすじ紹介を読んだら、もう行かねばなるめぇ。と。

 :[映画]十三人の刺客! OH! サムライウォーズ!(天日録)

 実際、だいたいこんな感じでしてよ。ええ。

 なにしろ初っ端から迫真すぎて腹が痛くなりそうな切腹シーン。さらに立て続けに描かれる殿の悪逆無道なふるまいの数々。思わず目を背けたくなる場面もしばしば。個人的には矢を射掛けるシーンが一番怖かった……女子どもにも容赦しない殿(そしてこの映画)、ステキ。
 観客が義憤でもって感情移入したところで、少しずつ集結する刺客たち。みなぎる緊張感にぞくぞく。侍たちの格好良さにわくわく。燃え萌え。策を練り、実行に移す。いずれも本気で見惚れる男っぷり、たまらんわぁ。
 張り詰めすぎてしんどくなる一歩手前で、途中参加してくる小弥太が、コミックリリーフ的にいい味を出していました。
 しかし、小弥太はおいしいキャラであった。面白すぎた。退場時の後味も、これはずるい。おいしいという意味でずるい。

 終盤。予備知識をあまり入れずに観に行ってみて、一番愉快痛快奇想天外だったのが宿場町のビフォーアフター。最後の戦闘では普通にチャンチャンバラバラするだけだと思っていたら、なにこのスペクタクルなトラップの数々。燃える。文字通りの意味で。
 そして最後のチャンバラ。満腹にも程がある。ことに刀の墓場が最高でした。
 楽しゅうござる楽しゅうござる。

 ちなみにパンフレットの出来が良かったのも好印象。600円という値段に見合わぬ読み応えあり。変な横型とかにはせずに、趣向を凝らしつつもパンフレットの基本サイズなのも良し。

 観ている最中、観終わった後で、ああ面白かった。と心の底から言える映画でありました。充実。満足。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1243-8a5367c6
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。