--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.11.08

毎日がマンガ曜日

 お品書き:「空のアンテナ」「九十九眠るしずめ(1)東之巻」「神谷くんと神谷さん」

 とりとめもなく。衝動買いとか衝動読みとか。すべては衝動。


空のアンテナ:楽天ブックス
 杉本亜未の、過去作を集めた短編集。基本的にJUNEに掲載されたものなので、そっち系。普段は苦手としているわたくしですが、これは大丈夫でした。多分きっと、ジャンル云々よりも、物語としての節操を感じられるかどうかなんだ。うん。
 表題作は出色の出来。クライマックスで描かれる、心開かれた空が、広く、美しい。ほかに初期作品三作と描きおろしショート1本、同じく描きおろしのあとがきつきで、満足度の高い一冊でした。


九十九眠るしずめ(1)東之巻:楽天ブックス
 明治を舞台として、伝奇ものとしての情緒たっぷり。基本は天然、しかし強大な力を秘めたヒロイン、王道です。林原声で脳内再生されるのも、王道で……あれ、何か違うか……。
 それはともかく、なんというか良くも悪くも安心して楽しめるお話でありました。すごくさりげなく警視庁に藤田警部補とか居るのも楽しい。


神谷くんと神谷さん:楽天ブックス
 普段は苦手系の少女マンガなんですが、いろいろと残念な子のヒロインが微妙に可愛くて、秀才くんの相手役も天然可愛くて、なんだかほのほのと読んでしまいました。
 天然×天然で、まわりにいるツッコミ役が大変そう。それもまた楽し。木村君が不憫な奴すぎる。そこがまた楽し。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1245-b67f1f91
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。