--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.11.15

アリアリ

 お品書き:「東京レイヴンズ(1)(2)」「石の来歴 浪漫的な行軍の記録」「輝く夜」

 ライトノベル、純文学、エンタメ。なんでもアリアリ。

 
東京レイヴンズ(1):楽天ブックス
東京レイヴンズ(2):楽天ブックス
 久しぶりに真面目にライトノベルを読んだ気がする。あざの耕平は「Dクラッカーズ」が大好きでした。あれアニメにしたら映えそう&面白そうなんだけどなあ。題材が題材だけに、難しかったんだろうなあ。
 で、新作は、陰陽師もの。1巻は完全にプロローグ。2巻でやっと本編開始? 陰陽師+学園もの、という、ある種鉄板の構造で、ヒロインは可愛く凛々しく(でも微妙な属性がくっついてるのが男性読者にはどうなんだろう)、主人公の鈍感力は凄まじく、友人やサブのキャラ立てもきちんと為されていて、伏線や設定もこまごまと。ここからどう話を転がしても面白く読めそうであります。


石の来歴 浪漫的な行軍の記録:楽天ブックス
 突然、芥川賞。うん。「シューマンの指」が面白かった&作者本人が面白い人すぎたので、奥泉光。
 重い雰囲気、戦争もの、芥川賞受賞作と、普段なら回避する要素がいっぱいなんですが、これは雰囲気と文体にたゆとうだけで気持ち良く、ミステリ風の(解決は無いのであくまでも「風」)展開もあって、飽きずにじっくりと読めました。二作品とも戦争(の記憶)を扱っており、姉妹編のような位置づけになっているけれど、個人的には「石の来歴」のほうが好み。「浪漫的な行軍の記録」は、ぐるぐるぐるぐる回って回って気がついたら後ずさりしつつ夢を見ているような、夢を見つつ死んでいるような、主人公に似た疲労感にとらわれてしまうのが魅力であり、しかし辛くもあり。


輝く夜:楽天ブックス
 クリスマス中止になりそうでならなかった女性たちのお話であります。あっこれ凄い分かりやすい説明!(自画自賛)
 ちょっと(もしくはだいぶ)不幸、ちょっと疲れた、無器用だけど頑張って生きている女性に降りてくる、クリスマスの小さな奇跡。すこし・ふしぎ系のオムニバス短編集。
 綺麗すぎてイラッ☆とくる部分も無いではないけれど、素直に読んで癒されておけば良いと思います。はい。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1251-8d668719
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。