--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.11.26

ミステリな感じ

 お品書き:「犬はどこだ」「密室から黒猫を取り出す方法」「沈底魚」

 なんだかんだで読みやすいんだよねミステリ。眠くなる率も高いけどね。


犬はどこだ:楽天ブックス
 主人公が社会人ということで、わりと珍しく? 青春ものじゃない米澤穂信。と言っても全然若いんだけど。
 タイトルと、犬探し専門の探偵という設定から、ユーモアミステリ系の作品だと思って読んだら、意外と苦い事件、苦い後味に驚いた。思い返せば米澤穂信のノンシリーズ作品(あれ、でも、シリーズ化する予定あるのかな?)って殆どがそうなんだし、覚悟して然るべきだったのか。
 古文書についての調査は、地味だけれど説得力があって面白かったし、終盤の構図の逆転は見事でありました。


密室から黒猫を取り出す方法:楽天ブックス
 北山猛邦、音野順シリーズ第二作。前作「踊るジョーカー」と同じく、短編集。
 相変わらず、ゆるくてほのぼのしたキャラクターと、脱力の一歩手前の物理トリックが、良い感じの化学反応。今回は特に「音楽は凶器じゃない」が絵的に想像したら面白すぎて力がもりもりと抜ける。
 しかし、全体に強引なんだけれど、物理トリックへのこだわりは好きだなあ。真っ向勝負のバカ正直さが良い。と思うんだ。


沈底魚:楽天ブックス
 乱歩賞作品。公安警察ものって最近微妙に流行ってるよね。
 冒頭のハードボイルドな雰囲気がなかなか良さげで読み進めたけれど、ハードボイルドにしても限度があるというか、主人公が弛緩できる相手や場所がひとつも無いのは、ちょっとしんどい。しかも人物造形が良く分からない。暗号名「肉まん」って、それはギャグでやっているのか……? ラストの二転三転も、まだ続くんかい。もういいよ分かったから。という気持ちになってしまったのは、そこに至るまでの、人物や物語の厚みが足らないからか。ううむ。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1263-1f936200
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。