--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.12.01

映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」

 小さい頃は大好きでした。
 テレビで放映されるたびにそらもう楽しみにして。三作目「永遠に」は家族で映画館へ行き、混雑で立ち見となったのですが、見知らぬおばさまに膝に乗せてもらったという、ほのぼのというか時代を感じる記憶もあったり。

 ……まあ、ネタとして。観てきました映画の日に。

 :映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」公式サイト

 映画館で予告を観た時に、たぶんこれ観たら死ぬほど心の中でツッコミを入れてしまうだろうなぁと思いましたが、まったくもって予想通り。
 というか、登場人物が「第三艦橋配属です!」と言った瞬間にシートから文字通りずっこけた。まじ吹いた。というネタが分かる人であれば、笑って楽しめるんじゃないかと。ただし1000円デーに限る。映画の料金って高すぎだよね。

 という、原作アニメの知識はありますが、この実写版の予備知識は例によって全然入れていかなかったので、単純なツッコミどころ以外にも「佐渡先生がおなごかよ!」とか「雪が戦闘班かよ!」とか自分的サプライズいっぱいでした。相原もおなごにしちゃったのは、殺伐としたブリッジに救世主がってことですねわかりますん。宇宙遊泳エピソード好きだったのになあ。

 キムタクの古代進は、「古代!」と呼ばれることに違和感ありまくりなくらい「キムタク」でしたが、これはもうしょうがない。諦め半分、面白半分。「キムタクの古代がいるよ」じゃなく「ヤマトにキムタクが乗ってるよ」という感覚でございました。
 雪が戦闘班ってのはわりとナイスなアレンジだとは思いますが、初っ端のねこぱんちが面白すぎて脱力。あと髪型なんとかしろ。戦闘機乗りなら短くしろ。ああでも終盤の展開的にはロングヘアでないと映えないか……しかしショートだったら普通に萌えたかもしれないのになー。
 真田の柳葉敏郎はどうしようってくらい真田で、素晴らしかったです。これだけでたぶんチケット代の八割くらいの価値があるわー私的に。無駄に格好良かった斉藤にもうっかりときめいた。キャストはあと島、南部あたりもよいかんじ。

 画面効果……CG、VFXについては、SF映画というより特撮映画と呼ばれるべきなんじゃないかと思いました。
 他意はないですが。はい。
 海外配給とかやめとけっていう……少なくとも「これが日本のSF映画です!」と胸を張って出せるものじゃないっていう……というかアニメでは見慣れた「SF考証」という肩書きがどこにも見当たらないんですがどういうことなんですかっていう……(「軍事アドバイザー」は居るけれど)。
 ちゃんと「日本の三十六年前のアニメを、当時の懐かしいテイストのまま、実写で作ってみました」と言い添えないと。
 というか、原作アニメファンの目から見れば、これ、実写MADと思って差し支えないような。「再現度たけぇー」とか「これを実写でやろうとか、ムチャシヤガッテ……」とか「惨事グロ注意」とか(いや嘘です冗談ですスイマセン)ニコ動コメント的なノリで観る分には、じゅうぶんに楽しめます。

 ぶっちゃけ、真面目に観る映画じゃない。これは断言。
 後ろのシートで「やばい、ガチで感動しちゃった……!」と言っていたお嬢さん、その純粋な心を忘れないで……。
 でも、面白がって観ることが出来る人には、なかなか楽しめる娯楽作品。これも断言。

 補足として、パンフレットは読み応えあり。ついでに、キャスト&スタッフそれぞれのヤマトへの思い入れの有無、意気込みの多寡が、そらもうはっきりと分かります。

 ともあれ、個人的には、総じて面白うございました。話のネタとしても優秀な映画だったので、満足であります。さいさな。さなさい。そんな寝言を呟きつつ。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1268-5a62503b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。