--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.12.06

まんぞくかん

 お品書き:「赤朽葉家の伝説」「七つの海を照らす星」「デュラララ!!」

 それぞれが違うベクトルで、面白うござった。幸せだ。


赤朽葉家の伝説:楽天ブックス
 初・桜庭一樹。なんとなく読む前から苦手意識があって。なんとなく。
 ……すいません素晴らしく面白かったです。女三代の年代記。まず初代の摩訶不思議な「千里眼奥様」万葉の章からぐぐっと惹きつけられ、二代目毛鞠の章では文章と雰囲気の変貌に驚きつつ込みで楽しみ(あとがきを読んでいろいろと納得)、三代目瞳子の章での優しい謎解きにしみじみ。ご馳走様でした。


七つの海を照らす星:楽天ブックス
 鮎川哲也賞受賞作。日常の謎系の短編が六編編まれ、最後の章でひとつの大きな共通点と残されていた小さな謎がすべて明かされる仕組み。児童養護施設を舞台としているのが新味。ともすれば暗くなりそうな各話を、語り手の明るいキャラが救って、良い雰囲気でした。全体に面白かったけれど、まとめの最終章には個人的にはちょっと肩透かし。語り手が気に入っただけに、真のヒロインは「七人の姫」なんですよ、と言われたような気がして。


デュラララ!!:楽天ブックス
 アニメを序盤だけちょろっと見て、面白そう&池袋ご当地で興味を持ち、買ったものの長らく積んでいたのを、やっと崩し。とりあえず面白かったです。群像劇をきっちりまとめあげる手腕は大したものなんじゃないかと。登場人物も挿し絵と相俟ってそれぞれに魅力的。予想と違ったのは、思ったより読んでいて引っかかる文章だったところ。でもまあ許容範囲内なので、続巻も適当に読みます。はい。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1275-c93f3425
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
カオヘ攻略記事に検索で辿り着いて以来、いつも楽しく読ませていただいております。
読書メモは次読む本を選ぶ際にはとても重宝してます。
見知った本が今回出てきたのでついコメしてみました(笑)
Posted by BLAN at 2010.12.21 08:26 | 編集
コメントありがとうございます~。読書メモを見て下さってるとのこと、有り難く思いますです。
カオヘは最近エントリは全然上げていませんが、今でも大好きです。科学ADV第三弾も楽しみ。

見知った本……勝手に深読み(?)するに、デュラララ的なナニカでしょうか?
個人的には、科学ADVでは池袋も舞台になって欲しかった、という気持ちを埋めてくれるお話であります。
Posted by ちき at 2010.12.23 02:10 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。