--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.12.20

安心くおりてぃ

 お品書き:「とろける鉄工所(5)」「さんかれあ(2)」「ちはやふる(11)」

 読んだら面白いよ。と、表紙を見ただけで分かるよ。そんな続巻。


とろける鉄工所(5):楽天ブックス
 溶接は仕事か、芸術か。なんてフリで始まりますが、中身はいつも通りの鉄工所の日常が主。楽しゅうございます。カバー下にひっそり書いてある作者のこだわりがまた愛おしい。こういう細かい気配りあっての人物造形なんだな。
 安定の面白さなんですが、吉っちゃんがキモいのはいいとして、まるで成長しない&人の話を聞かない奴なのは、ちょっと読んでてしんどくなってきた。リアルではありますが。


さんかれあ(2):楽天ブックス
 父親との確執が簡単に(?)解消して、なんだか拍子抜け。あまりどろどろした方向には行かないようにするのかな。あじさいの葉で身体を維持とか、噛まれる(まあ、キスですよね)と主人公が束の間不死身? 状態になるとか、なんだかラブコメへの布石が着々と打たれている印象。もっと病んでもいいのよ?


ちはやふる(11):楽天ブックス
 あら? 表紙画像が無い……どうしたんだ。まあいいけど。
 恋愛要素よりも、部活マンガしてるのがやっぱり一番楽しい。いつの間にかかるたに本気になっている侵入部員じゃなかった新入部員ちゃんがいい感じです。しかしちはやは反省しても毎回同じようなことを繰り返すような印象……ヒロインに不可欠な鈍感力を持ちすぎ、発揮しすぎ。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1287-7ef3eb4d
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。