--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.12.30

年末に読むものでも

 お品書き:「警視庁情報官」「悪の教典(上)(下)」

 ボリュームはあるので、時間がある時に読むには良いかもしれないけれど。もう少し爽やかなお正月を迎えたいという気持ちになるわけで……。


警視庁情報官:楽天ブックス
 小説と銘打って、小説の形態は取っているものの、このまま軽めの読み物系新書として出しても違和感は無い内容。逆に言えば、小説としてはちょっと物足りない感も。
 そして、エリート官僚な主人公が厨二病スレスレな格好良さで、読んでいて若干むずがゆくなってしまうのであります。公安小説を読む際の資料として、傍らに置いておくと良い感じかも。組織図も地味に有難いし。

 
悪の教典(上):楽天ブックス
悪の教典(下):楽天ブックス
 上巻の序盤から中盤にかけては、主人公であり視点キャラである教師の得体の知れない不気味さが、興味深くも怖かった。えっえっいいのかそれ? と思わせつつ、本当にやってしまう。怖い。
 上巻のラスト、そして下巻の展開は、ひたすら殺戮殺戮もっと殺戮で、読んでいて頭脳プレイ的楽しさが減ってしまったのが残念。対決するだろうと期待していたキャラクターがあっさりと消えていくのも、うーん。
 とりあえず、バトロワ的なノリになってしまった下巻後半の展開は、だいぶおなかいっぱいでした。「あと○人」とカウントダウンしつつ人が死んでいく系が好きなら、楽しめるかもしれません。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1294-572798e9
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。