--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.01.15

ジャンルとか

 お品書き:「ミストボーン(1)」「風の中のマリア」「盤上のアルファ」

 節操無く。統一するのも面倒。そういうものです。


ミストボーン(1):楽天ブックス
 ファンタジーが読みたくなって。一芸持ち能力者が集結して立ち上がる話は基本的にツボ。これでチート主人公が少女でなく少年だったら素晴らしかったのに、という個人的な嘆息。
 合金術という魔法のギミックはなかなか面白かった。アクションシーンは若干冗長だったけれど、これは訳のせいもあるかな。とりあえず続きは読んでみます。


風の中のマリア:楽天ブックス
 女王の戦士マリア、戦いに生まれ戦いに生き、帝国の隆盛と落日を目にする。ただし、スズメバチのお話、という。動物ものファンタジーと呼ぶには実際の昆虫の生態に寄り添いすぎており、ドラスティック昆虫記と呼ぶには擬人化されすぎな会話が気恥ずかしい。熱は充分にあって、面白いんだけれど、最初から最後までなんとなく乗り切れなかった自分が残念。


盤上のアルファ:楽天ブックス
 小説現代新人賞受賞作品。人生に挫折しかけた将棋指し、最後の挑戦、という素材が素晴らしい。けれど、序盤から中盤にかけて、とにかく登場人物を誰ひとり好きになれなくて参った。人物描写において、ものすごい見下し感があるというか何というか。気にならない人は気にならないだろうし、中盤以降はそれでも面白く読めたので、些少なことかもしれないけれど。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1315-e532a57d
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。