--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.01.25

1st

 お品書き:「ドリフターズ(1)」「SatoShio(1)」「ビリオネアガール(1)」

 はじめまして一巻のみなさん。今回はどれも気に入り。続きがわりと待ち遠しいです。


ドリフターズ(1):楽天ブックス
 いつか読まないとなあと思って、今日読みました。はい。「HELLSING」は読んでいないので、初・平野耕太であります。
 とりあえず1巻時点では、まだまだ冒頭、導入といった趣だけれど、絵の半端無い濃さと、ストーリーのいろんな意味でのおかしさは堪能できたので満足。この先に期待。どうでもいいけど某所レビューにあった「スーパー偉人大戦」という表現がぴったりすぎて笑った。


SatoShio(1):楽天ブックス
 佐藤君と塩田君でサトシオ。わかりやすい。小さなデザイン事務所を舞台とした、ゆるゆるお仕事日常マンガ。きちんと現実感、仕事してる感を保ちつつ、忙しかったり暇だったりの波、会社における内輪の緩い雰囲気も描写して、のったりまったり読むのに好適。こんな職場、ちょっと理想郷だよなあ。とも思いつつ。


ビリオネアガール(1):楽天ブックス
 支倉凍砂の原作でデイトレ億万長者少女が主人公って、もうそれだけでオチてる気がする。しかし思ったほど経済話に突っ込むことは無く、引きこもり少女と浮き世離れ青年の無器用な恋愛もの、という要素のが主。それはそれで良いけれど、だったら青年の顔、もうちょっと気合い入れて描いて欲しいなあと思ったり思わなかったり。
 ところで、微妙に表紙詐欺なので注意です。絵がどうのではなくて、ヒロインのイメージが全然違う。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1325-e4f6e042
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。