--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.01.28

気持ち軽めに

 お品書き:「初恋ソムリエ」「琥珀のマズルカ」「デュラララ!!×3」

 全体、読みやすいものを。病み上がりですからー。


初恋ソムリエ:楽天ブックス
 シリーズ二作目。ミステリとしてよりも、着々と部員が揃っていく吹奏楽部の、文化部青春ものとしての側面の方が色濃いかも。よくよく考えてみればわりと重い題材が多いんだけど、語り部であるチカのさっぱりとした気性のおかげで、陰鬱さが完全にかき消されているのが良いなあと思う。中で気に入りは「アスモデウスの視線」でした。「初恋ソムリエ」も良い出来なんだけど、タイトルの可愛さに反して随分しんどいところを持ってきていたので、びっくり&読んでいて辛かった。


琥珀のマズルカ:楽天ブックス
 太田忠司のノンシリーズ、ファンタジー系。「月読」のように、少し優しい、懐かしい雰囲気と、少し不思議、幻想的な素材を組み合わせた、いかにも太田忠司らしい作風の一冊。語り手であり進行役である人物の整魂師という設定は、もう少し突きつめて見せて欲しかった……かも。メインとなる「夢追い」よりも新鮮で、面白げだったので。
 全体に物足りなさがあったけれど、物語の閉じ方、エピローグの雰囲気は秀逸。著者デビュー作の「帰郷」をちょっと思い出した。


デュラララ!!×3:楽天ブックス
 ちまちまと読んでます。
 今回は正臣メインの話で、三人全員の立ち位置が明らかに。しかし、カタルシスよりも、やっとスタートラインに立ったのかよ。というツッコミが先に来てしまったり。それにつけてもセルティがいい人すぎる。人じゃないけど。常識人すぎる。人じゃないけど。
 だいぶ厚みがありましたが、文章を若干整理して、前の巻くらいのページ数に収めた方が良かったんじゃないかな。あと重版しまくりなのに単純な誤植を放置しているのはどうなんだ。校正仕事しろ。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1328-646218df
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。