--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.02.12

衝動買い怖い

 ぽちるという行為はとてもとてもおそろしいものなのです。


無限のリヴァイアスコンプリートアートワークス:楽天ブックス

 ムック本、好き。
 リヴァイアス、好き。

 当時出ていたリヴァイアスのムック本はだいたい揃えたのですが、気がついたら十周年記念本なんてのが出ていたりして。うっかり購入。そんな余裕無いのに今月も来月も!

 というか新紀元社、ちょっと懐かしめのアニメのムック本を鬼のように出しまくってるんだな……バイファムとリューナイト、欲しい……。
 リューナイトは正直、かつてべろんべろんにハマって薄い本を作ったアニメの中で、唯一、今になって思い返すとどこにそんなに惹かれたのか分からん作品だったりするんですが、やっぱり好きなんだな。普通にファンタジー&デフォルメ召喚ロボってだけで要素は十分ですが。あとは、まあ、キャラ萌え。

 閑話休題。

 リヴァイアスもまた、かつてべろんべろんにハマって薄い本を買い漁ったりした作品であります。BD-BOXとか出たらきっとぐらぐら揺れてしまうであります。DVD全巻持ってるのにね!



 内容はそれなりに充実。
 カラーページが思ったより少なかったのは残念だけど、モノクロページでインタビュー記事のボリュームが結構あったので、個人的にはOKな気持ち。

 初めて見るものでは、プレゼン用の企画書とか、初期設定とか。版権イラストもそれなりに。実家にあるムックに収録されたものと、だいぶかぶっているような気はしますが。
 しかし何度見てもDVD1巻パッケージイラストの相葉兄の可愛さは異常。サウンドリニューアルやDVD-BOXの平井絵では、既に失われてしまっている何かが。それが、わたくしのツボを突きまくる。

 これ。↓

【中古】無限のリヴァイアス Vol.1:ゲオEショップ楽天市場店

 相葉兄と言えばこの手の本で必ず出てくる「主人公である相葉昴治を殺したらどうなるか、シリーズの途中でシミュレートしてみたエピソード」にインタビュー中でまたまた触れられていて笑った。いや面白い話ではあるんだけど。

 ムックは、どうしたって、紙製がいい。電子データでも欲しいっちゃ欲しいけど、ページをめくり紙の手触りとともに眺める楽しみの方が、やっぱり性に合う。
 コレクター魂というほどのものでもないですが。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1343-1b895413
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。