--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.02.15

長文というほどでも

 お品書き:「シュトヘル(1)~(3)」「サムライ・ラガッツィ(1)」「ハンザスカイ(1)」

 若干熱が入っています。面白いよ面白いよ。いいよいいよー。

  
シュトヘル(1):楽天ブックス
シュトヘル(2):楽天ブックス
シュトヘル(3):楽天ブックス
 ぶらんたんおすすめ本。ありがとうありがとう大変面白うございました。おすすめされた日に1巻だけ買って帰り、序章というより序章の序章であったことに愕然としつつ2、3巻を購入。そしてやっと終わった(……のか?)序章。ここから大きくうねりだすであろう物語。楽しみです。
 これだけ骨太のメインストーリーがあるのに、転生(なんだろうか)ネタを絡ませちゃうあたりが、なんとも言えず好きですよ。おかげで読みやすさに繋がってもいるし、異なる次元というか概念というかパラダイム(昨今便利に使われる意味のほう)の葛藤を入れ込むことも出来る。しかし一歩間違えば陳腐極まりなくなってしまうところを、どっしり安定した画力筆力でねじふせているあたりが凄い。
 ペースは遅そうだけど、新刊が出るたびに既刊を読み返して、じっくり付き合いたいと思います。


サムライ・ラガッツィ(1):楽天ブックス
 いやあこれは少年マンガの良作であります。「戦国少年西方見聞録」と副題がついているとおり、戦国時代の領主の少年が、なぜかローマ使節団に同行して、元気いっぱい貪欲に知識を吸収し本を書き、それを戦いに生かしつつ(頭脳バトルの様相を見せることも有り)ローマを目指す、ひいては世界中を書き記すことを目指すという、とにかく爽快な作品。
 ちなみに表紙右側のイケメンは、発端で主人公を暗殺しようとして失敗し、一年の期限つきで仕えることになる伊賀忍者。加えて使節団の少年もレギュラーっぽくなったりして、わりと乙女的に萌えることも出来るかもしれません。と台無しなことを言いつつ、本当に良作だと思うので、うっかり打ち切られたりしないように祈ります……むしろ別マガか月マガで連載してくれればなあ……。


ハンザスカイ(1):楽天ブックス
 チャンピオン購読していた時にも、読みやすくて綺麗めな絵だなーと思っており。靴におすすめされたこともあり、試しに1巻を購入。
 おつむが若干残念な喧嘩バカ主人公が、喧嘩卒業を願いつつ部活動に目覚めていくというと、なんとなく「お茶にごす。」を思い出したり。あっちは茶道、こっちは空手。そしてラブな展開に憧れるという良い意味での軽薄さが大きな違い。
 連載を読んで気になっていた主人公とヒロインの置かれている環境、状況が良くわかり、やっぱり1巻は大事だなーと思いましたです。問題はヒロインよりも主人公の方が可愛いことですがね!
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1346-2f6522db
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
「サムライ・ラガッツィ」愛読者です、もちろん桃目当てで…。
今のところ、順調に連載されていますし、安心して読める良作ですよね。
果たして、どこまで辿り着けるか…楽しみです。
Posted by 靉霧(あいむ) at 2011.02.21 14:01 | 編集
さすが、チェック入っていましたか!
良作ですよねー。こういう漫画を小学生男子とかに読んで欲しい……。

ライバルはコミックス2巻の分量でまず最初の打ち切りの壁が来るっぽいので
そこをなんとか乗り切って欲しいなぁと思います。
前作も評判は悪くは無かったのですが2巻で終わってしまっているのが切ない。
Posted by ちき at 2011.02.22 00:05 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。