--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.03.07

楽しいミステリは楽しい

 お品書き:「麒麟の翼」「七回死んだ男」「花合せ 濱次お役者双六」

 ミステリーを三品。それぞれお味はバラバラ。でも美味し。


麒麟の翼:楽天ブックス
 加賀恭一郎シリーズ、最新刊。「最高傑作」と謳っちゃったのはどうなんだろう。読み手のハードルが上がってしまうと思うんですが。
 東野圭吾って、父と息子をテーマあるいはモチーフとして取り上げることが多いような気がするけれど、加賀シリーズが特化しているからそう感じるだけなのかな。でも時生とかもそうだったな。年代的に最もリアルに、あるいは逆に憧れを持って綴れるものなのかもしれませんが。しかも安定して泣けるんだよな。重松清もだけど、ずるいよなあ(褒め言葉)。
 ところで今回、松宮刑事がいい味を出していて楽しかった。おひとよしなのにちゃんと有能な、フォローに回れるバディとして機能していて、読んでいて和むとともに頼もしく。時に加賀に対してプレッシャーをかけるあたりで、加賀無双にバランスを取っていたんじゃないかと。看護師さんは無理矢理出したヒロインぽくてちょっとアレだったけど。……ドラマ化への布石かなって。ねえ。


七回死んだ男:楽天ブックス
 これは面白かった。文句無し。
 ミステリなのになぜかループもの、ってのがまず面白くて、ゲーム脳を素敵に掴まれました。「やりなおし」が効く世界&その扱いに慣れている、ということで、主人公もわりと呑気なのが、気楽に読める一因。
 ループからの脱出と、最後の最後に隠された仕掛けには、大きなカタルシスがありました。ちょっとだけ「Ever17」を思い出したり。いや仕掛けそのものは全然違いますが。読み終えてから仕掛けの面白さにニヤニヤ出来るミステリって、そうは無いよなあ。


花合せ 濱次お役者双六
 さらりと読める、気楽な時代小説。主人公が女形というスパイスつき。花合せというものについて、ちょうど先日テレビ(「美の壺」ですよ)を見て知っていたので、その意味でも興味深く読めました。設定と小道具のわりに、人物の言動や所作の描写には「江戸」という雰囲気が少なめで残念だったけど、気軽な時代ミステリとして普通に読めました。たまに無性に時代小説が読みたくなるんだよね。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1365-7237ba2b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。