--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.03.22

つづくおわる

 お品書き:「弱虫ペダル(16)」「tactics(13)」「モチモチ(2)」

 気がつけば巻数を重ねていたり、気がつけば終わっていたり。ってオイオイ。


弱虫ペダル(16):楽天ブックス
 表紙が怖いと一部でたいへん話題でありましたね。
 メール便で届いたのが、電力の需給危機な日だったので、節電中の薄暗い明かりの中で開けた封筒からこの表紙が出てきた日には、たいへんドキドキしました。
 本編は、今回はいいバランス。やはり主人公が主人公のカリスマを持っていてくれないとー。ライバル校、ライバルキャラが増えても、しっかりとした存在感を持っていて欲しいものです。


tactics(13):楽天ブックス
 相変わらずの、緊迫しているのか能天気なのか良く分からないテンションを保ちつつ、やっと勘太郎の過去編という核心に入ってくれて、ほっ。と思ったらまた番外編収録で、気を持たせてくれる。
 しかし何だ、つまりはマザコンですかっていう。ここまでの曰くありげな描写からして、この後どう落とし込んでいくのか、楽しみではあります。続きはいつ出るものやら。


モチモチ(2):楽天ブックス
 完結。いやー、なんというか、コメントしづらい。ラストの怒涛の展開には、だいぶ呆然としてしまった。いったいどこからどこまでが当初から予定していた展開なのか、分からないというか分かりたくないというか……。
 ともあれ、再始動が確認できたという点においては、たいへん嬉しい作品でした。あとは咎狩白に期待だ。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1378-9fe86724
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。