--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.03.27

安寧を

 お品書き:「第二音楽室」「デュラララ!!×5~6」「笑う月」

 安心して読めるものに手を出す傾向。


第二音楽室:楽天ブックス
 安心、鉄板、佐藤多佳子。第二音楽室という、微妙に宙ぶらりん、微妙に格好つかない場所を主な舞台とした短編のアンソロジー。児童もしくは生徒たちのキラキラしていたり、ゾワゾワしてしまったりするあれやこれやが詰め込まれ。しかし一作目の時点では何らかの繋がりがあるかと思ったら、そんなこともなく独立短編で終わってしまったのが、若干肩透かし。一作目を少し古い年代にしているあたりで、同じ学校の同じ第二音楽室を舞台として、時代だけ移すのかと期待していたのだけれど。

 
デュラララ!!×5:楽天ブックス
デュラララ!!×6:楽天ブックス
 軽いものが読みたいなーと思い、積んでいたのに手をつけはじめました。しかしこれ、池袋けっこうそのままに書いてますが、震災後の変化をどうするのか、気になりますよ。まあ情報としてどんどん古くなってしまうことは覚悟の上で書いているのでしょうけれど。
 気軽に読めて楽しめるライトノベルは、やっぱりいいですね。精神安定剤として。現実的に有り得ない存在、有り得ない解決、有り得ない……うん。この「都合の良さ」がいいんですよ。悪口じゃなくて。ファンタジーとして。


笑う月:楽天ブックス
 レンテンローズシリーズ、2冊目。今回も書き下ろしつき。
 主人公(狂言回し)キャラを社会人にしたことにより、ラノベレーベルだった頃とのはっきりとした違いが見えて、面白かった。何だかんだで学生主人公よりも読みやすかったし。
 超自然的な存在とのフィッティングが少々ぎこちなくなってしまったような気もしたけれど、エピローグのやさしさで全て忘れられるし、読んでいて救われた。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1383-646a6f49
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。