--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.04.15

少年少女な続巻

 お品書き:「海月姫(7)」「ダイヤのA(25)」「ましろのおと(3)」

 楽天ブックスたん、最近、表紙画像の登録が遅すぎる。なんでじゃー。困ったものじゃー。


海月姫(7):楽天ブックス
 ともあれ。前の巻ほどのインパクトは無かったものの、いろいろとエピソードを整理して、きちんとストーリーの筋道を見直している印象。ひらたく言えばつなぎの巻っぽい感じでした。良い意味で。
 個人的には兄弟の過去話とか、だいぶときめきましたわ。前のまやや様もだけど、こういうベタだけどじわわんと来るエピソードの挿入が上手いよなあと。


ダイヤのA(25):楽天ブックス
 主人公の挫折、トラウマ。というのは、スポ根ではありがちなんだけど、ずっと唯我独尊だった主人公だけに、見ていて感情移入が高まるというか。そして登場の先輩とか、うーんカタルシス。いやまだ早いか。
 しかしもう25巻。まだまだ1年の夏が終わっただけなのに、25巻。どこまで行くんだろう……。最近の少年マンガ、長すぎるよね。


ましろのおと(3):楽天ブックス
 2巻で高まったテンションが、冒頭の意味不明な母親の小ネタで萎んでしまうかなしみ。なんつーか「有閑倶楽部」みたいなキャラだ……。マンガ的なキャラを出すと、あまりにもマンガ的になっちゃうんだな、少女マンガ出身の作風ゆえに。
 ともあれ、三味線を弾くシーンは高値安定になってきた感。薀蓄も織りまぜて、全体に読みでのあるものに。もっともっと王道でいいのよー。マンガ的定番にはならずに、王道。難しいとは思うけれど。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/1402-1d651fc9
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。